ラズベリーパイ起動時のIPアドレス読み上げ

ラズベリーパイ本体のサイズが小さいことを活かしてなにかをつくろうとしたとき、いちいちキーボードやディスプレイを接続する必要があるのでは意味がない。 でも、そのアプリケーションがいろいろな設定や操作が必要なものであるとき、簡単な方法としては市販のルータなどと同じくLAN内のパソコンやスマホのブラウザで設定画面を開けるようにするのが便利である。

しかし、ルータであれば初期状態でIPアドレスが固定されていて、たとえばバッファローのルータであれば、ルータのLAN側に接続したパソコンのブラウザで http://192.168.11.1 にて設定画面を開くことができるが、ラズベリーパイの場合は、起動するたびにルータからDHCPでIPアドレスを自動取得するため、現在のIPアドレスが何かを確認するには、ルータのステータス画面内からラズベリーパイらしきもののIPアドレスを見つけ出すか、LAN内を探索するソフトなどを使って検索する必要があった。 でも、そんな面倒くさいことが必要では、広く一般に使ってもらえる製品にはならないと思う。

というわけで本日は、起動のたびにIPアドレスを自動で読み上げる方法をご紹介する。 動作は、ラズベリーパイ起動時に、DHCPで取得したIPアドレスを音声で読み上げるだけだが、イヤフォン端子にヘッドフォンやスピーカーをつないで起動すればIPアドレスがわかるので便利だ。 音声はもともと録音したものを用意し、数字にあわせてファイルを再生する方法にしている。(当初は音声合成でやってみたが、負荷が高いときには音声がとぎれとぎれになったので録音音声を使うようにした)

  1. ラズベリーパイにSSHでログインする。

tera01

2. ディレクトリを /etc に移動する

cd /etc

3. IPアドレス読み上げ音声をダウンロードする

sudo wget http://www.starstonesoft.com/temp/voice.zip

4. ZIPファイルを解凍する

sudo unzip voice.zip

5. IPアドレス読み上げ用のスクリプトを作成する

sudo nano /etc/init.d/sayIP

Enterを押すとエディタ画面になるので、下記スクリプトをコピーしてからエディタ画面に貼り付ける

貼り付けたら CTRL+x キーを押し、yキー、Enterキーを押すと保存される。

6. 保存したスクリプトの実行権限を与える

sudo chmod 755 /etc/init.d/sayIP

7. 起動時に自動実行するように設定する

sudo update-rc.d sayIP defaults

8. 再起動してみる

sudo reboot

これでIPアドレスの音声が聞こえれば完成です。 自動実行をやめるには

sudo update-rc.d sayIP remove

を実行してください。

 

 


ラズベリーパイ 役に立たないもの

折角買ったのに役に立たなかったのはこちらである。

raspi_lcd

3.2 Inch TFT LCD Display Module Touch Screen For Raspberry Pi B+ B A+

banggood.com という、中国の通販サイトで購入。現在の価格は送料込みで1,275円と格安である。

で、何が駄目だったかというと、画面が小さすぎて(320x240)、なにを表示してもほんの一部分しか見えない、タッチパネルは付属のペンでグイグイ突いてやらないと反応しないし、文字を一行入力するのにも何度も入力ミスしてやり直す必要があるなど。

ただ、秋月電子のI2C接続キャラクタ液晶(16x2行)よりも5円安くてカラー、しかも送料がかからないことを考えると格安には違いない。 監視カメラの映像表示など、タッチ操作がほぼ不要な目的であればなにかに活かせるかもしれない。


ラズベリーパイ はじめの一歩

自分がはじめてラズベリーパイ(B)を購入したのは2013年の夏だったと思う。

35年前、シャープのポケコンPC1500で付属マニュアルを見ながらプログラム作りを覚え、その後PC98でN88BASICとマシン語、Windowsが発売されてからはWindowsばかりだった自分は、ラズベリーパイが初めてのLinuxとの出会いだった。

当初、どうやって使ったらいいのか全くわからず、インターネット上の情報を見てもどれも基本がわかった人向けのものばかりのようで、一番最初に躓いたのは、ファイルのフォルダ構造がどうなっているかわからないことだった。

OSのSDカードへの書き込み、ディスプレイとキーボードを接続しての起動は簡単だったが、その後は右も左もわからず苦労した。 /etc とか、 /var とか、そういうフォルダがどこにあるのかちっともわからず、Windows時代と同じく dir や cd .. で右往左往していたのだが、WinSCP を見つけてようやく生きた心地がした。 見慣れたWindowsのエクスプローラ風にフォルダやファイルが一覧でき、ファイルの編集もパーミッションの変更も簡単にできて大変便利。 いちいち nano /etc/なんとかなんとか とか入力したうえに、上下矢印キーで移動して編集しなくても、メモ帳風のエディタでどこでも編集でき、chmod 755 なんとかなんとか、も長い名前のフォルダ名をいちいち入力しなくても、対象ファイルを右クリックからプロパティを開いてR W Xにチェックを入れるだけなのだ。

winscp

左側はWindowsのフォルダ、右側がラズベリーパイのフォルダで、ファイルのコピーも楽々である。

現在はディスプレイ、キーボード、マウスは接続せずにもっぱらWinSCPとTeraTermを両方起動して作業している。

私と同じところで挫けた人、ラズベリーパイは面倒くさいと思う人でWinSCPをまだお使いでなければぜひ使ってみてください。


自分ちでカラオケ

自分で作ったソフトウエアのうち、気に入って使い続けているものの一つが JoySoundCafe_Player です。

カラオケのソフトなのだが、フィリピン在住の自分にとって、自宅で日本のカラオケを楽しむにはいろいろ障害があった。 まずは日本のインターネットカラオケサービスが国内からの利用しか出来ないようになっていることだが、これは日本の実家にVPNサーバーを置いて、フィリピンからVPN接続することにより解決できた。(こうすることでフィリピンからのアクセスも日本を中継するので、業者には日本国内からのアクセスに見える)

次に問題となったのは通信速度と音質の兼ね合いだった。 こちらのADSL接続は速度が極端に遅くなることが頻繁で、データ量がもともと少ないMIDIのカラオケを試したのだが、チープで電子的な音質と、曲の内容と無関係の背景映像がどうにも我慢できず、インターネットの速度が遅いときはとぎれとぎれになることも我慢しながらWindows Media形式の映像ファイルを配信している ジョイサウンドカフェ に入会した。 こちらは、特に古い楽曲では本物の演奏で、映像もその曲用に撮影されたストーリーのあるもので、懐かしい日本の風景や旅情が見ているだけでも楽しめるのだ。 しかし、残る問題は二つで、楽曲がとぎれとぎれになりやすい、音程の調整が出来ないという問題があった。

そこで作ったソフトが ジョイサウンドカフェプレーヤー である。

fullscr

Windowsの全画面表示状態のプレーヤーの上に、選曲用のリモコンウィンドウが透過表示されていて、演奏中でも次の曲の選曲が出来るようになっている。

通信速度が遅い場合の対応としては、楽曲を先にある程度(たとえば全体の20%)ダウンロードしてから再生を開始することにより、途中で演奏がとぎれとぎれになることを防いている。 また、音程を調整する機能を内蔵していて、音質を劣化させずに音程を上下することが可能だ。(WindowsのHDオーディオデバイスのプロパティでも音程調整が出来るものがあるが、音質が極端に悪化するので使用に耐えない。 本プレーヤーの機能であれば、音程調整機能つきのマイクミキサーのハードウエア製品に比べても遜色がない、あるいは更に高音質である)

その他、選曲の操作にスマホのブラウザがつかえたりして、自宅でホームパーティーをするときなどに活用している。

昭和の昔にカラオケスナックに通ったころのことを思い出しながら作ったソフトで、レーザーディスクカラオケ時代のムードを意識した、ハイテク製品です。

日本にお住まいの方も、海外生活をされている方も、ぜひ試してみていただきたいと思います。(シェアウエアですが無料で試用できます)

詳細は こちら のマニュアルをご参照ください。

 


楽しいラジオの製作

自社製品の宣伝ではありますが...きっと楽しめると思いますのでぜひお試しください。

子供の頃に、”子供の科学”や”ラジオの製作”という月刊誌の回路図を見ながら、ラジオを自作したことがあった。 大抵まともに音が出ないのだが、小さい音でも聞こえたときの喜びは格別だった。

今は海外生活のため、昔ながらのアナログラジオではNHKの短波放送しか聞こえないのだが、radiko、らじる★らじるのおかげでVPN接続した状態であれば世界中どこにいても日本のラジオが高音質で楽しめるようになった。

そこで製作したのが「ホームラジオ」で、私自身も毎日活用していてラジオを大いに楽しむことができている。 今日はこの「ホームラジオ」の作成方法を図解で解説する。 夏休みの工作にもお勧めです。

(完成品も販売していますので こちら を御覧ください)


必要なもの

parts

 

  1. ラズベリーパイ B+、Pi 2、Pi 3 のいずれか(Pi 3 なら本体だけで無線LANで接続できます。) Raspberry Pi 3 Model B (Element14)
  2. マイクロSDカード 8GB以上のもの (新しく買うのであれば、相性が良いSanDiskのSDSDQAB-008Gや016Gがお勧めです) SDSDQAB-016G
  3. ACアダプタとマイクロUSBケーブル ACアダプタは5V、1A以上のもの。スマホに付属しているACアダプタとマイクロUSBケーブルが余っていれば流用可能です。 ACアダプタを買う場合は、ノーブランドの中国製ではなく国内メーカーが販売しているものを買ってください。 以前、ノーブランド中国製のAppleコピー商品を使っていてケースがガバっとはずれて感電しそうになったことがありますし火災の危険もあります。 マイクロUSBケーブルを買う場合は100円ショップでなるべく太いのを買いましょう。楽天などで販売されているノーブランド品は中の線が細くて電圧が下がってしまい、正常に動作しないことがあります。 ACアダプタの代わりにモバイルバッテリーをつかえばポケットラジオ化出来ます。 (※ラズベリーパイ 3 は5V2.5AのACアダプタを推奨していますが、外付けのUSB機器を接続しない場合の動作時電流は最大でも0.7A前後ですので、1AのACアダプタでも動作可能です。 詳細は こちら をご参照ください。)
  4. ルータに接続されたLANケーブル。 無線LANで接続する場合でも、最初の設定に必要です。
  5. ヘッドフォン、あるいはアンプつきスピーカーや、高級アンプと高級スピーカーなど。3.5mmのステレオプラグで接続できるオーディオ機器。

SDカードの書き込み

まずマイクロSDカードにホームラジオのイメージファイルを書き込みます。 ファイルは下のリンクからダウンロードし、適当な場所に保存してください。 シェアウエア製品ですが、電源を入れてから8時間は制限なくお試しいただけます。 継続して試用する場合は一度電源を抜いてから入れなせば復活します。

ホームラジオのイメージファイルダウンロード

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください。 フリーソフトの解凍ツールでは、中身がなにもないように見えることがありますので、Windowsの機能で解凍することをお薦めします。unzipfile
  2. 書き込みツール win32diskimager をダウンロードしてインストールしてください。 diskimager01
  3. 新しいマイクロSDカードをパソコンのカードリーダに挿しこみます。 カードリーダがついていない場合は100円ショップでカードリーダを買ってきてください。
  4. win32diskimagerを起動し、Image File欄には先ほど解凍したファイル、DeviceにはマイクロSDカードのドライブレターを選択し、Writeのボタンを押して書き込みが完了するのを待ちます。 Device欄に間違ったドライブレターを指定したままWriteボタンを押してしまうと、そのドライブのファイルがすべて消えてしまいますので、外付けのUSBハードディスクなどをお使いの場合は十分注意してください。 write

組み立て

マイクロSDカードをラズベリーパイに挿しこみ、ルータにつながったLANケーブル、ヘッドフォン(またはアンプつきスピーカー)を接続してから、ACアダプタを接続します。

connect

電源が入ると、約30秒ほどでIPアドレスを知らせる音声が3回繰り返し流れます。 そのIPアドレスをメモしてください。(例:IPアドレスは 192.168.11.46、IPアドレスは...)


ラジオを聴く

完成したホームラジオと同じLAN内に接続されているパソコンやスマホのブラウザを起動し、メモしたIPアドレスを開きます。(例: http://192.168.11.46 )

ユーザー名、パスワードを要求する認証画面が出ますので、ユーザー名 radio、パスワード home と入力してページを開きます。

最初に”ライブ”のページが開きますので、放送局名のアイコンをクリックすればすぐにラジオを聴くことができます。

hrpc01novpn

※海外にお住まいの方は、”ライブ”のページ上に”エリア外”の表示が出ます。 その場合は”システム設定”ページ内のVPN接続の設定で、日本国内のVPNサーバー(PPTP)を指定することによりラジオが聴けるようになります。

hrpc04

 


無線LANで接続する

ラズベリーパイ 3 を使っている場合、あるいは B+, パイ2を使っている場合でもUSB接続の無線LANアダプタを購入してUSBコネクタに挿し込めば無線LANでの接続が可能になります。 システム設定ページを開き、無線LAN設定部分のSSID欄からご自宅の親機を選択し、暗号化キーを入力してApplyボタンを押します。

hrpc02

接続に成功するまでしばらくお待ち下さい。

hrpc03

接続に成功したら、LANケーブルを抜いてからACアダプタを一度抜き、入れなおしてください。 ヘッドフォンから新しいIPアドレスが流れますので、そのIPアドレスを改めてメモします。 以降はその新しいIPアドレスをブラウザに入力してページを開いてください。

※ラズベリーパイ B+, 2でUSB接続の無線LANアダプタを使用する場合は、下記二点の製品が動作確認できていますのでお薦めします。
BUFFALO WLI-UC-GNME

海外にお住まいの方は、Tenda W311MI が入手可能かと思います。


録音する

タイマー録音をするには、”番組表”ページを開き、予約したい番組の横にある予約ボタンをクリックします。 あるいは、”自動予約キーワード登録”をクリックして、繰り返し録音したい番組名を含むキーワードを登録することも出来ます。

hrpc06

予約キーワード登録画面では、キーワードに *** と入力すると、すべての番組を録音させることが可能です。

hrpc07


録音した番組を聴く

録音した番組は、”録音ファイル”ページにリストアップされていますので、番組名左側の再生ボタンをクリックして再生することが出来ます。 また、番組名部分はファイルへのリンクになっていますのでそこをクリックすればパソコンやスマホにダウンロードすることも可能です。

hrpc09


DLNAレンダラー/AirPlay機能でオーディオスピーカーとして使う

ホームラジオにはDLNAレンダラー機能、AirPlay機能がインストールされていますので、ラジオを楽しむだけでなく、パソコンやスマホに入っている音楽をホームラジオに接続したスピーカーから再生することが出来ます。

  1. AndroidスマホにインストールしたBubbleUPnPで音楽を再生する例

アプリを起動し、メニューから Renderer をタップします

Screenshot_2016-07-23-13-50-44

レンダラーの選択画面で、homeradioをタップします

Screenshot_2016-07-23-13-50-54

楽曲を再生すると、ホームラジオに接続したヘッドフォン、スピーカーから音楽が流れます

Screenshot_2016-07-23-13-52-29

2. iTunesの楽曲をAirPlayで再生する例

iTunesを起動し、再生デバイス選択アイコンをクリックして Homeradio を選択します

itunes


上記で紹介した以外にもいろいろな設定が出来ますので、詳しくはこちらのマニュアルをお読みください。

さらに高音質を楽しみたい方は、USBオーディオデバイスを接続すれば自動的にそちらから音が出るようになりますのでお試しください。 秋月電子のUSB DACや、一般的なUSBオーディオデバイスで動作確認しております。

将来的にはハイレゾDAC、高音質デジタルアンプなどを統合した基板の追加も出来るようにしようとサンプル取り寄せ中です。

suptronics_x400

本記事にご質問がある場合は、contact@starstonesoft.com までお問い合わせください。


三つ子のバナナ

banana

フィリピンのマーケットで売られていたバナナ。日本に輸出しているのとは違って見た目は美しくないが甘くて美味しいです。 双子は時々見かけるが三つ子は初めて見た。 三本分が一枚のつながった皮で包まれていて、皮をむくと三本のバナナが一部くっついている。

バナナを買ったマーケットはこちら。

このマーケットは大規模で、午後に行くと1mくらいのキハダマグロを切り売りしているので美味しい刺身をたくさん食べたいときにお勧めです。1kgで320ペソ~360ペソほど(700円前後)。 魚屋さんのまな板が汚そうなので切り身で買って自分で皮と骨をとって刺し身をつくったほうが良さそうです。


非居住者の海外送金とマイナンバー その1

先日、新生銀行から手紙が来ていると実家から連絡があった。 内容を聞くと、私が利用しているGoRemit海外送金サービスについて、マイナンバーを登録せよとのこと、登録しない場合は2019年1月1日以降は送金が出来なくなるとのことだった。

1995年から海外在住で、転出時に市役所に非居住者の届けを出している自分は 国内に住民票がないため、マイナンバーは通知されない。 したがってこのままでは2019年になると海外に生活費を送金することができなくなってしまう。 ほかの金融機関の情報も調べたが、いずれも横並びのようで困ってしまい、まずはマイナンバー総合フリーダイヤルに電話して問い合わせてみた。 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

電話がつながった先は 内閣官房番号制度担当室 で、事情を説明し対応を尋ねたが、曰く内閣官房のほうでは金融機関に対して海外送金時にマイナンバーを要求するように指示をしていないので、金融機関の直接問い合わせてマイナンバーに変わる別の方法があるか聞いて欲しい、との返答だった。 そこで、同ウェブページ内にある「金融機関における非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて」(この文書は非居住者が海外から日本に送金する際に、日本の金融機関にマイナンバーの登録がないと着金を受け付けない事例が多数あったために発行された文書だと思われる)は、なぜ内閣府番号制度担当室と金融庁総務企画局政策課の連名で発行されているのかを聞いてみた。 こちら日本国内の金融機関の本支店に開設された預貯金口座宛に、「日本国外から送金が行われた場合において、送金者が非居住者であること、又は送金の受領者が非居住者であることによりマイナンバーを有しない場合、マイナンバーがないことのみを理由として、金融機関が当該海外からの送金、又は当該送金された金銭の払出しを拒否することはありません。がその文書だが、内容は以下の通りである。」

これは海外→日本の送金に関するもので、これと逆に日本→海外版の文書を出してくれればすべて解決だと思うのだが取り合ってくれず、この文書が発行された経緯もよく理解していないようだった。 その後いろいろ話したが解決策は見いだせず、電話は別の部署に回されることになった。

電話が転送された先は、金融庁金融サービス利用者相談室で、概略上記と同じ話をしたのだが、担当の方の話では、金融庁が銀行など金融機関に対して海外送金時にマイナンバーを求めるよう指導したことはなく、各銀行が自分の判断でやっているのだと思うので銀行と直接交渉してほしい、あるいは相談室のほうから銀行に対し、利用者からこういう要望があったと伝えることは出来る、また情報は金融庁内で共有する(改善は約束できない)とのことだった。 マイナンバーを要求するのは各銀行が勝手に判断したこと??との疑問を何度もぶつけたが回答は変わらぬまま、なにか確証がないかと最初のリンク先のページ内の文書を見ていた所、「預金口座へのマイナンバー付番」という文書を見つけた。

mynumber1

画像は文書の一部だが、「預金者は、銀行等から、マインアバーの告知を求められる ※法律上、告知義務は課されない」となっている。 しかしその上の銀行等の部分には、国税通則法改正として、「預金情報をマイナンバーにより検索可能な状態で管理する義務を課す」となっている。 つまり、銀行は預金者にマイナンバーの通知をしてもらわないと国税通則法違反となってしまうということか?

この文書を元に電話中の金融庁金融サービス利用者相談室担当者さんに対し、国税庁や内閣府番号制度担当室とも情報を共有して改善を働きかけてくれないかとお願いしたが、情報は同じ省庁内(金融庁内)だけしか共有できない、と言う。 すでに一時間近く話合ったが、この時点で”お役所仕事に期待しても無理。非居住者は税金を払ってないからほったらかしなんだ”という考えに至り、電話を一旦切って、今度は各省庁お勧めのように新生銀行に直接電話をしてみた。

で、あっけなく結論が出たのだが、「GoRemitサービスは日本に居住する方が対象のサービスで、非居住者はご利用いただけません。」。 GoRemitサービスの規約を確認したが、確かにそう書いてあったのでもう降参です。(GoRemitはもともとロイズTSBバンクが運営していたGoLloidsというサービスで、自分はそこで登録をしたのだが事業が新生銀行に売却されたのだが、その時点で規約は確認していなかった)

ということで、基本的に非居住者である私が海外送金する道を絶たれてしまったのだが、別の方法を見つけたので次回紹介する。

 

 


非居住者の海外送金とマイナンバー その2(7/21追記)

前置きが長くなったが、非居住者の私はこれからどうやって日本→海外の生活費送金をすればよいか、いろいろ探しまわって見つけたのが TransferWise の送金サービスだった。※こちらのリンクから利用していただくと、初回1000ポンド相当額までの送金手数料が無料になります。

海外では有名なようだが、日本語ページがないこともあり日本人には馴染みがないサービスで、本当にちゃんとお金が届くのか恐る恐る試してみたところ、無事4日目に指定の海外口座に入金が完了した。 なお、初回利用時には本人確認の書類や誓約書の提出があるので4日かかったが、恐らく二回目以降はもっと早く入金処理されると思われる。 書類提出も、日本の金融機関のように封書で送られてきた文書に署名捺印して封書で送り返す、という手間もなく、すべてオンラインで完了できるので思い立ったその日から利用可能で大変便利でお勧めである。

※後日、日本の実家あてに住所確認の書類が送られてきたので、本投稿の最後に詳細を追記する。(2016/7/21)

以下、利用方法を図解にするのでご参照ください。

1. TransferWise のページをブラウザで開きます。

tw01

 

2. 送金元にJPYを、送金先には海外の銀行口座がある国(下記の例ではフィリピンの通貨PHP)を選択し、送金する金額を上段に入力します。すると、自動的に現在のレートで計算が行われ、着金する金額、手数料などが表示されます。問題なければ Get startedをクリックします。(追記:初回送金額は10万円以下にしないと、住所確認の手続きが完了するまで送金されませんのでご注意ください

tw02

 

3. ALREADY A MEMBER? (すでに会員ですか?)と聞かれたら、初めて利用する場合は NOT YET をクリックします。二度目以降は YES をクリックしてログインします。

tw03

 

4.  自分のメールアドレスと、適当なパスワードを入力して CONTINUE をクリックします。

tw04

 

5. ステップ 1 of 5 の画面になります。送金したい通貨、金額と、Estimated arrival (着金予定日)を確認し、Continueをクリックします。※私が試したときは、着金予定日より3日早く届きました。

tw05

 

6. ステップ2 of 5 の画面です。IS THIS PERSONAL OR BUSINESS TRANSFER? (これは個人/ビジネスの送金のどちらですか?)では Personal を選択します。

tw06

 

7. ステップ2 of 5の続きです。 TELL US ABOUT YOURSELF ということで、送金者の名前、住所、職業などを入力します。ここでは送金元の日本の電話番号、住所を入力します。 Occupation欄には職業を入力しますが、下記の例では自営業(self owned business)としました。入力が完了したらContinue をクリックします。

tw07

 

8. ステップ3 of 5は、WHO ARE YOU SENDING MONEY TO?(だれに送金しますか?)では、自分名義の海外銀行口座あてに送金する場合として、Myselfをクリックします。 海外口座が自分名義でない場合は、Someone else を選択してください。

tw08

 

9. 送金先の情報を入力する画面が表示されますので、受取人口座の名義、銀行名、口座番号、受取人の電話番号を入力します。 送金先の銀行名は Bank Nameの右側のドロップダウンのボタンをクリックすると、送金先の国の銀行名がリストにありますので、その中から選択するだけでOKです。 面倒くさいSWIFTコードなどを探す必要もありません。口座番号、電話番号はハイフンなしで数字だけで入力します。(電話番号は桁数に制限があり、短すぎると受け付けませんでした。 下記の例では市外局番02の990-1234を29901234と入力しています。)

tw09

 

10.  Verify というステップに進みました。 このステップは初めて利用するときにだけ必要なステップで、二回目以降は表示されません。 ここでマイナンバーカードに代わる個人の証明を行います。下記の赤枠内 If you are currently living outside of Japan and don’t yet have a My Number document, then please read the ‘Declaration Letter for Japanese Non-Resident’ section here (もし日本国外に居住していて、未だマイナンバーを持っていない場合は、’日本人非居住者申告書’の項を読んでください)の here の部分をクリックしてリンク先に進みます。

tw10

 

11.  Verification for JPY Transfers というページが表示されます。ここでも下部の赤枠内 If you are currently living outside of Japan and don’t yet have a My Number document, then please click here for further instructions (もし日本国外に居住していて、未だマイナンバーを持っていない場合は、ここをクリックして詳細説明を見てください)の here 部分をクリックしてリンク先に進みます。

tw11

 

12.  Declaration letter for Japanese Non-Resident ページ内の The declaration letter can be downloaded here (申告書はここからダウンロードできます) のhere部分を右クリックし、”対象をファイルに保存”で適当な場所にPDFファイルをダウンロードしてください。

tw13

 

続いて Please print the letter out, and sign it by hand (文書を印刷し、手書きでサインしてください)とありますので、もしプリンタとスキャナを持っているようでしたら紙に印刷して署名欄にサインし、スキャナで画像にとってアップロードすればOKです。 私はスキャナを持っていなかったので、Windows用のAcrobat ReaderとAndroidスマホに入っているAcrobat Readerを使って手書きサインを入れました。 以下にその手順を解説しますが、プリンタとスキャナがある方は読み飛ばしてください。

①まず、AndroidスマホのAdobe Reader を起動し、Adobeのアカウントでログインします。 アカウントを持っていないときは途中で作成できますので適当に作成してください。

左上肩部分の家のアイコンをタップします。

Screenshot_2016-07-17-14-34-34

 

 

下部にSign in と出ますので、そこをタップしてログインするか新しいアカウントを作成してください。 ログインした状態で署名を作成すると、その署名をパソコン上のAcrobat Reader DC でも共用できるようになります。

Screenshot_2016-07-17-14-34-42

 

②適当な文書を開きます。 ここでは上記でパソコンにダウンロードした申告書をスマホに移動してから開いていますが、多分この文書に限らずなんでも良いと思います。(署名をクラウド上に記録するだけなので)

下記画像の赤枠部分のアイコンをタップします。

Screenshot_2016-07-17-08-23-54

 

 

③続いて下記画像の赤枠部分のペンのアイコンをタップします。

Screenshot_2016-07-17-08-24-05

 

④Place Signatureをタップします。

Screenshot_2016-07-17-08-24-18

 

⑤署名入力画面になりますので、ここで指でスマホ画面に署名をしてもいいのですが、ちっともうまく書けないので、下記画像赤枠内のカメラアイコンをタップしました。

Screenshot_2016-07-17-08-25-20

 

⑥白い紙にペンで手書きの署名をし、それをスマホのカメラで撮影します。

Screenshot_2016-07-17-08-44-05

 

⑦撮影すると、Crop Signature画面になりますので、薄い青枠を適当に調整し、署名部分を囲ったら右上のDONEをタップします。

Screenshot_2016-07-17-08-44-56

 

⑧署名画面に戻りますので、左下の Save Signatureがオンになっていることを確認し、右上のDoneをタップします。 これで署名はAdobeのクラウド上に記録され、今後はパソコンのAcrobat Reader で開いた文書に挿入することが出来るようになりました。

Screenshot_2016-07-17-08-45-08

 

⑨今度はパソコン上のAcrobat Readerで先ほどダウンロードした申告書を開きます。 こちらもAdobeのアカウントでサインインしてください。

pdfpc00

 

⑩文書を開いたら、右側メニューの 入力と署名 をクリックします。

pdfpc01

 

⑪上部の署名アイコンをクリックすると、先ほどスマホで記録した署名が出てきますのでそこをクリックしてください。

pdfpc02

 

⑫画面上に出てきた署名をマウスでドラッグし、申告書の署名欄まで移動してドロップすれば署名完了です。

pdfpc03

 

⑬申告書の日付欄は、マウスでクリックすると文字が入力できますので、キーボードで日付を入力します。

pdfpc04

 

⑭作業が完了したら署名が入った申告書を適当な場所に保存してください。

13. 申告書に署名し、ファイル(PDFかjpgなどの画像)に保存したら、先ほどの Declaration Letter for Japanese Non-Resident のページの、You can then upload a copy of the signed declaration letter here (署名した申告書はここからアップロードできます)の here をクリックします。

tw14

 

14. 再度ログインを要求されるので、最初に作成したメールアドレスとパスワードの組み合わせでログインします。

tw15

 

15. CONFIRM YOUR ACCOUNT DETAILS画面上の下部 Upload documentをクリックします。

tw16

 

16.下記画面の赤枠部分に、先ほど署名して保存したPDFファイル(またはスキャナで撮った画像ファイル)をエクスプローラなどからマウスでラッグアンドドロップしてください。ドロップするとすぐにアップロードされます。

tw17

 

 

17.ドロップした文書が表示されますので、間違いがなければ下部のSendボタンをクリックします。 間違ってしまった場合は文書上にマウスを動かすとゴミ箱が表示されますので削除してアップロードをやり直します。

tw17-2

 

18. ここで10.のVerifyページに戻り、今度は日本の住民票、運転免許、住基カードのいずれかの表、裏の画像をアップロードします。 いずれも持っていない場合はパスポートの写真ページと日本の住所が書かれているページでもOKです。 スマホやカメラ、スキャナでいずれかのものの画像を撮影し、下記画像の Upload ID ボタンをクリックして、上記16.と同じ手順でドラッグアンドドロップでアップロードしてください。

tw18

 

ここまでが初回利用時のみに必要な個人証明の手続きです。 二回目以降は不要です。

19. CONFIRM YOUR ACCOUNT DETAILS画面が表示されます。ここでは入力済の住所などが表示されますので、間違いなければ下部のContiuneボタンをクリックします。

tw19

 

20. Purpose ステップではPAYMENT PURPOSE (支払いの目的)を選択します。 右側のドロップダウンボタンをクリックして適当なものを選んでください。 下記の例では General monthly living expenses (毎月の生活費)を選択しましたが、選択肢には旅行費用、医療費、授業料などいろいろありますので正しい目的を選んでください。

tw20

 

21. ステップ 4 of 5になりました。 REVIEW DETAILS OF YOUR TRANSFER ということで、送金の詳細が表示されますので間違いがないか確認し、問題なければ Confirm ボタンをクリックします。

tw21

 

22. TEAMS OF USE / 利用規約 が表示されます。 下部のほうに日本語もありますのでスクロールして目を通したあと、I have read and agree to the Terms of Use にチェックを入れてからCONFIRMボタンをクリックします。

tw22

 

23.  ステップ 5 of 5 です。 HOW WOULD YOU LIKE TO PAY? (どうやって払いますか?)画面が表示されます。 ここで表示された銀行口座(下記では三菱東京UFJ銀行 恵比寿支店の普通口座 078xxxxが表示されています)あてに指定金額を日本円で振り込めばOKです。

注意することは、Use This reference という欄に表示されている番号で、この番号(例ではP2785624)を振り込み人の名義欄に追記しなければなりません。 オンラインバンキングで振り込みを行うときには、振り込み人名義を編集できるようになっていますので、この番号を入れてください。(私は名義を P2785624 Yamada Taro というように名前の前に入れました)

番号を入れ忘れると送金が遅延するようです。

tw23

 

24.  指定口座への入金が完了したら、I’ve sent the money to TransferWise ボタンをクリックして完了です。 もしすぐに振り込みが出来ない場合は、I’ll do it later ボタンをクリックしておき、翌銀行営業日に振り込みを行えばOKです。(詳細はメールで通知が来ます)

tw24

 

実際に試しに1万円を送金してみましたところ、

7月13日午前中 初めての利用で申告書や免許のコピーをアップロードし、振り込みを行った

7月13日午後 振り込みを受領した旨と、Verify完了次第送金手続きを行うという内容のメールを受信

7月14日午後 すべての手続きが完了し、送金を行ったとのメールを受信

7月15日 フィリピンの銀行の口座への入金が確認できた

hsbc

以上でTransferWise利用方法の解説は終了する。

利用してみた感想としては、とにかく手続きが簡単、手数料が安いのでこれまで利用していたGoRemitサービスよりも実際に受け取れる金額が多い、処理されるスピードも予想外に早いということ。

今後も、ちっとも連携していない日本の駄目な役所がつくったマイナンバーの変なルールに毒されず、サービスが継続されることを願っている。

※2016/7/21追記

7月20日になって、TramsferWiseから実家あて(初回送金時に登録した住所=免許証に記載されている住所)に封書が届いた。

App0001

内容は上記画像のもので、TransferWiseにログインし、上記文書内の activation code (4桁の数字)を入力せよとのことだった。 幸い私の場合はまだ実家が手紙を受け取れる状況にあったので問題なく手続きが完了したが、非居住者で日本に手紙を受け取れる住所がない場合、あるいは免許証などの住所と一致していない場合には問題となる。

ついてはこの手続きの意味についてTransferWiseに問い合わせをしてみたところ、以下の回答を得た。

・一度目の送金、かつ10万円以下の場合は、アクティベーションを行わなくても本人確認書類(免許証などの画像)のみで送金可能

・二度目の送金、または一度目の送金額が10万円を超える場合はアクティベーションが必要:アクティベーションが行えない場合には送金はキャンセルされ、返金される。

郵便は転送不要・特定記録郵便で発送されているとのことなので、継続して10万円を超える送金をしたい場合には、日本国内で郵便が受け取れる住所を確保し、かつ免許証などの住所が記載されている証明書類と一致しているよう、事前に準備が必要なようだ。 具体的な方法はいろいろ考えられるが、日本の各種法律により住所の認証が行えない場合は日本円の送金が出来ないとのことなので、ここでは差し控えることとする。

所感:退職後に海外に移住する人が多くいるというのに、そういう人たちは日本で受け取る年金をどうやって送金すれば良いのだろうか。 まさか、年金を支払たくないのでわかっていて嫌がらせの法律を作ったんでは、と勘ぐってしまった。