SMSで即座に車のオーナーがわかるように

いつも朝ごはんを食べながらフィリピンのニュース番組を見ていますが、昨日のニュースで

SMS ”LTO VEHICLE <plate number>” to 2600 to identfy car owner instantly. LTO.

というような文字ニュースを見ました。

フィリピンの携帯電話で、たとえば

LTO VEHICLE ABC123

というメッセージを2600あてに送ると所有者が即座にわかるらしいです。

早速自分の車のナンバーで試してみましたところ、2分ほど経ってから返信が来ました。 内容は

Plate no: xxxxxx/ Make volvo/ Model:s7 glt/Year 1999/ Color: o white/ Registered last 02/17/2017, has no LTO apprehension, has no LTO alarm, P2.50/text

ということで、車種や色、年式、登録更新の日付、LTO(陸運局)の逮捕歴、アラームの有無だけで、自分の名前は入っていませんでした。 一回2.5ペソかかりました。

この仕組みは随分前からあったようですが、昨日ニュースになっていたとすると、この情報に加えてオーナーの名前もわかるようになる、ということかもしれません。

個人で車を売買する場合や、犯罪者の車を目撃した場合などには役に立ちそうですが、日本ではストーカーが悪用したりすることを心配して、実現することはないでしょうね。

本件についてはどうかわかりませんが、日本の役所仕事は完全に時代遅れで後進国です。 相続が発生したとき、相続人を特定するために故人の生涯の戸籍謄本を全部要求される(銀行などに)のをご存知でしょうか。 たとえば大正生まれの人がなくなったとして、その人が何度か戸籍を移動していた場合、大正時代の紙に筆で書かれたような戸籍謄本まで、その地の市役所から取得しなくてはならないんですよ。 馬鹿じゃないでしょうか。 マイナンバーカードを始めたのなら、生涯の戸籍も全部電子化して入力してくれればいいのに。 人間、全員死ぬんですから、結局日本人全員分(相続人がいない人は除く)の古い戸籍をコピーして発行することになるんですから。

出来ない理由を考えている暇があるなら、出来る方法を考える、役所に限らずに進歩するための基本です。


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です