神戸製鋼のデータ改ざん問題と安全率

神戸製鋼の製品データ改ざんがアルミ製品、鉄粉だけでなく鉄鋼線材にまで及んできました。

当然、それぞれの製品は別の部署で作っているのでしょうから、一部担当者や課長、部長の独断ではなく、会社全体で計画的にインチキをやっていたのだと思います。 重役が粉飾を指示していた東芝同様、こんな会社に救済の必要などなく、さっさと潰れるべきです。

私は昔、田舎大学の機械科を卒業しましたが、今回のニュースに触れて”安全率”について習ったことを思い出しました。 機械設計の講義で、旋盤の歯車の図面を書く授業でしたが、そのときに「計算上必要な強度に、安全率5倍を掛けて設計するように」と教わりました。

安全率についてはこちらのページに詳しい解説がありましたが、鋼の場合では静的な荷重の場合は安全率の目安は3、動的な荷重で引張りまたは圧縮のどちらかのみの場合は5、両方の場合は6、激しい繰り返し荷重や衝撃の場合は12となっています。

たとえば、総重量10トンのトラックが一度に10台並ぶ長さの橋をかけるとしたら、100トンまで耐えられるように設計すれば理論的には橋は落ちませんが、実際の設計では安全率3または5が掛けられているので、300トンないし500トンの重量が乗っかっても落ちないのです。

今回のニュースにおいては実際の改ざんデータの内容が出てこないのでわからないのですが、もしそれがメーカーから要求された強度に対して1割程度強度が低いものをインチキデータとともに納品していた、というレベルであれば、メーカー側の設計で十分な安全率をとっていれば最終製品の安全性に問題はないという結論になるでしょう。

このあたりのことを実際のデータにもとづいて冷静に考慮すべきだと思いますが、インチキを指示した重役達は絶対に許されるべきではありません。

出来上がったアルミや鉄鋼製品が顧客の要求スペックを下回ったのであれば、かつその強度でも最終製品の安全性が確保されるのであれば、メーカーは顧客にスペック緩和のお願いと値引きで交渉すべきです。 顧客が応じてくれなければ別の製品用に回せばいいのではないでしょうか。

インチキは絶対に駄目だけど、安全には問題ないかもしれない、という話でした。

 


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です