フィリピンの駄目なもの

最近一ヶ月で経験した、フィリピンの駄目なもの三題です。

1.シャープの洗濯機

また壊れました。 こちらの記事で書いたシャープの洗濯機です。

2013年末に購入、2015年に脱水のモーター故障でモーター交換、同年一ヶ月後に脱水槽ふた部分のスプリングとスイッチが腐食して交換、2017年再度スプリングが腐食して折れ、ついに今月また脱水槽のモーター故障です。 脱水槽のモーターは2年に一度交換しないといけないように設計なさっているのだと思います。 シャープなのに、Alibabaで売られている中国製のモーターをそのままラベルを貼ったまま使用しています。 せめて、受け入れ検査や耐久性の試験をしましょうよ。

さすがシャープ

2年に一度、モーター交換費用を払うのは嫌なので、Panasonicのものに買い替えました。 見たところ設計はしっかりしていそうです。

2.PhilpostのEMS

以前、こちらの記事で書きましたように、PhilpostのEMSは現在はちゃんと配達してくれるようになったと喜んでいましたが、ぬか喜びでした。

今年3度目のEMS発送で、マニラ空港近くのExpress Mail Exchange Department, Central Mail Exchange Center なるところでホールドされてしまいました。

8月11日以降、ステータスがアップデートされず、メールで問い合わせてみましたところ、税関の検査が必要なので空港近くのCentral Mail Exchange Centerまで来いとのこと、時間がないから行けないので開封して検査してもいいから配達してくれと再度問い合わせましたが、本人または代理人の前でないと開封できないことになっている、の一点張りです。 メトロマニラ在住の場合はCentral Mail Exchange Centerに来なければならないことになっている、とおっしゃいます。 うちからは距離は22kmですが、郵便局があいている時間(平日朝8時から午後4時)に行こうとすれば往復とも大渋滞で片道2時間です。 さらに郵便局で1時間待たされれば5時間もかかります。(メトロマニラは広いので、一番遠くに住んでいる人なら片道3時間でしょうか。かわいそうに)

荷物の中身は中国の通販で購入した15ドル程度の部品、送料とあわせても25ドルですから、1250ペソくらいです。 現在は1万ペソまで非課税になっているのに、5時間と往復する費用をかけさせてまで郵便局に呼ぶのは、配達が面倒くさいのか、あるいは税関職員の私腹を肥やすことが目的なのかはわかりません。 税関といえば、関税局長官が中国人ビジネスマンの覚せい剤輸入(600キロ以上)を黙認して賄賂をもらっていたとしてフィリピンの国会で喚問中ですが、長官がそういう人ならば職員は真似するでしょうよ。 根っこが腐った組織は枝葉も腐っています。 腐った人間の言いなりは嫌なので今回の荷物は放棄し、別の配送方法で新しく注文し直しました。

3.卵も腐ってる

今週、UPタウンセンターのMerkadoというスーパーマーケットで買った卵も腐っています。

割るときに黄身が殻にくっついていて崩れます。すでに黒ずんでます。

賞味期限は091817、つまり9月18日まで(今日はまだ8月19日)です。あと一ヶ月置いておいたらどうなるのか、経営者の方にはぜひ味わってみて欲しいところです。 このパックは黒ずんでいなくても黄身が崩れてでてくる率は30%くらいありました。 ラーメンに卵を入れるときは、必ず別の器で割ってみてからいれましょう。でないとラーメンが台無しになる可能性が30%です。

 

 


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です