Windows、そろそろやめましょうよ

Windows 95が発売されて以来、98、2000、7と何の不満もなく使い続けてきました。サーバーも Windows 2000 Server, 2008R2, 2012R2を使っています。

でも、Windows 10にはどうにも馴染めず、そんな多くのユーザーの声に耳を傾けることなくWindows 10 への移行を強気にゴリ押しする最近のマイクロソフトにも嫌気が挿してきました。 Windows 7のサポート終了後も仕事には大好きなWindows 7を使えるだけ使い続けるつもりですが。

その後のことを考えると、そろそろ代替OSを考えたほうがいいような気がしてきました。 Macは閉鎖的な環境であることと、個人的な感想ですが、気取ったiPadのコマーシャルなんかを見るとどうにも虫唾が走るというか、庶民な私には合っていないので除外です。

まずWindows 10 の嫌いな、イライラするところはこんなところです。

まずはこれ、この画面を見るとタモリ倶楽部(毎週見てます)を連想します。 なんでこの意味のない画面がこんなに巨大なんでしょうか。 イライラします。

VPN接続しようとしているところ。この画面は旧コントロールパネルの画面風ですが、

また出た巨大画面。やりたいことは”接続”ボタンをクリックすること、設定を変えるにしても”詳細オプション”ボタンだけです。 大体、”取り出す”ボタンて何でしょうか。VPN接続を取り出すの意味がわかりません。 画面内のほかの部分は不要です。 巨大画面の嫌なところは、ブラウザで設定方法を調べながら設定したりするとき、巨大画面が邪魔なんです。 Windowsのsをとって、Window 10に改名してくれたら納得です。

巨大画面の意味は、きっと太い指の人でもタッチ画面操作がし易いように考えたのでしょうが、タブレットの売れ行きが落ちてスマホのシェアが上がっていることを見ても、スマホでできることはスマホ、PCでしか出来ないことはPC+マウスが本流なのではないかと思います。 私は純粋にマウスとキーボードで使うOSが欲しいです。

きっと多くの人は我慢してWindows 10を使っているのだと思います。 このブログのカウンタには、アクセスして下さった人のブラウザのシェアが表示されるようになっていますが、現状以下のような状況です。

Windows 10 の売りだったEdgeが1%って、Edge開発者はどう感じているのでしょうか。

で、Windowsを辞めたら何を使うかですが、ZorinOSを試してみました。 長らくLinuxがWindowsの脅威になることはありませんでしたが、これは取って代われるポテンシャルがあり、今が絶好のチャンスだと思います。

ZorinOS Core は無料でもダウンロードできますのでまずは試してから気に入ればお金を支払うことも出来ますし、金額は自分で決めることができます。 (私の場合、Windows 7上のIE11ではダウンロードできず、Chromeでダウンロードしました)

インストールは簡単、Office(LibreOfficeがプレインストール)もChrome(Chromium)も使えますし、WINEによってWindowsのソフト(の一部)を動作させることも可能です。

美しい画面、わかりやすいメニュー、低スペックなPCでも高速な動作など満足度が高いです。

PCの使用目的がブラウザ、メール中心の方なら何の問題もなくWindowsから移行できそうです。 新しいチャレンジに消極的な日本の大手メーカーも、ここでひとつ先んじてZorinOSプレインストールの安いノートPCを出してみてはいかがでしょうか。

とりあえずは、Windowsを辞めてもPCを快適に使えそうな環境が見つかって安心しています。


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です