さくらのVPS イメージバックアップ

さくらのVPSを数台契約して運用していますが、同じ構成のサーバーを別のVPSにコピーする方法について、ようやく出来たので忘れないように記録しておきます。

Googleで検索すると、mondorescue でコピーとレストアをする方法が多く見つかりますが、私のやり方が悪いのか試行錯誤してもレストアに成功することがありませんでした。

その後見つけた方法は、Clonezillaでイメージを作成する方法です。 こちらはうまくいき、イメージバックアップの作成とレストアに成功しました。 但しこちらの方法では、ClonezillaのLive CDからサーバーを起動してバックアップを作成するため、 その間はサーバーを止める必要があります。

以下、備忘録として要点だけ記録します。

  1. 適当なWindowsのPCにClonezilla Live のISOイメージをダウンロードする。
  2. 適当なWinodwsのPCに、FreeSSHdをダウンロード、インストールし、ルータにTCPポート22を該当PCあてに転送するよう設定する。 FreeSSHd設定のポイントは、①インストール完了後、起動してからFreeSSHdのウィンドウ上でSSHサーバーを開始しようとするとエラー(The specified address is already in use)が出る→Windowsの管理ツールからサービスを開き、FreeSSHd Serviceを停止してからSSHサーバーを開始する、②WindowsファイヤーウォールでTCPポート22を許可設定する、③適当なフォルダにイメージ保存用のフォルダを作成し、そのフォルダをSFTPタブに登録する、④そのフォルダにはWindows側でEveryoneフルアクセスの権限を与え、フォルダの下に /home/partimag というフォルダを作成しておく、⑤Usersタブに適当なユーザー名、パスワードでユーザーを作成する
  3. さくらのVPSのコントロールパネルで、各種設定→OSインストール→ISOイメージインストール を選択し、ISOイメージアップロード用のSFTPアカウントが発行されるので、それを記録。
  4. Clonezilla Live をダウンロードしたPCに、WinSCPをダウンロード、インストールし、起動して上記で発行されたSFTPアカウントを使い接続し、/isoフォルダにClonezilla Live のISOファイルをアップロードする。
  5. アップロードが完了したらインストール開始し、コンソールを開いてClonezillaの操作を行う。 一番最初の画面で日本語を選択したら失敗したが、英語のまま(デフォルト)で成功したので英語のほうが良いかもしれない。 イメージファイルの保存先は、自分のWindows PCにインストールしたFreeSSHdあてにする(SFTPサーバーにイメージファイルを保存するよう選択する)。今回は dd onlyでバックアップをしたが、ほかで成功するかどうかはやってないのでわからない。 バックアップを開始したら、完了までしばらく待つ。
  6. 完了したら、今度は自分のWindows PCをClonezilla Live CD で起動する。 Clonezillaのリカバリディスク作成機能を使い、ブータブルなISOファイルを作成する。(こちらを参考にさせていただきました)
  7. 作業完了後はルータのポート転送設定(TCPポート22)を削除しましょう。

以上でリカバリディスク作成が完了です。 レストア時は上記3.と同様の方法で作成したイメージファイル(ISO)をさくらのVPSにアップロードし、インストールを開始するとイメージが復元されます。

ラビットちゃん熟睡中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です