全国禁煙の大統領令にサイン

Nation wide smoking ban という大統領令にデュテルテさんがサインしたそうです。

これから60日後に施行されるようですが、喫煙者の自分にとっても関係がありそうなので各社の新聞の内容をまとめてみました。

NYTimes

  • 学校や公園など子供が集まるところから100m以内でのタバコ販売禁止
  • 地方自治体は上記とエスカレーター、階段、健康関連施設、飲食店から遠く離れた場所に喫煙場所を指定しなければならない
  • 一般市民に違反者の逮捕を呼びかけ
  • 違反者は4ヶ月以下の懲役+5000ペソの罰金

sunstar

  • すべての公共の場所、乗り物でタバコ禁止(飲食店、ホテルも含む)
  • 公園や教会の庭、病院、マーケット、リゾート地、歩道、出入り口の前も禁止
  • DSA(指定喫煙場所)は設置可能。 但しドアひとつを除き空気が漏れないこと、人が通る場所から10分以上離れていること

...ほかにもいろいろあるのですが、もうお腹いっぱいです。

問題が多い薬物取締と同様、市民が喫煙者に制裁を加えるようになったら、外でタバコを吸っていると射殺されるかもしれません。

喫煙所が人通りから10分離れた喫煙所って、10mの書き間違いならいいのですが、マニラ近郊では絶対不可能です。

タバコを吸うのは自分の家か、自分の車の中だけということになりそうですが、車の中でも外から見えると難癖つけられるかもしれませんので、手で隠してコッソリ吸わなければならないかも。

フィリピン在住の方、フィリピンに出張に来られる方々、空港や公共施設の周りでタバコを吸うと懲役4ヶ月+5000ペソ、もしくは射殺になるかもしれませんので十分気をつけましょう。

 


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です