ウェブサーバーの引っ越し

スタアストーンソフト開店以来十数年になりますが、これまでずっとWindows 2000 Server のIISでホームページを運営してきました。 サーバーのハードウエアは3台目で、途中からはVMWare上でWindows 2000 Server を動作させてきましたが、ついに新しいOSに引っ越しをすることにしました。

きっかけは、10日位前のニュースで、Chromeが2017年10月から、ウェブサイト内のすべての入力部分(検索ボックスやメールアドレスを入力するボックスも)において、https で暗号化されていないサイトは”安全でないサイト”と表示されるようにするとの話があったためです。

基本的に安全でない情報を送信するボックスは設けていないのですが、Chromeのようにシェアが大きいブラウザがそうすると言えば従わざるを得ません。 お客様にとっては、お店の入り口に”安全でない店”と表示されていたら、その場で帰られてしまうことと思いますので。

解決策はウェブサーバーにSSL証明書をインストールすることですが、Windows 2000 Server のIISではすでに現代のSSL証明書をインストールすることができないため、思い切ってサーバーを引っ越しすることにしました。

引越し先は さくらのVPS Windows Server 2012 R2 standardです。 2週間の無料試用期間があり、その後は月に1080円でWindowsサーバーが利用できるのは、自前でハードウエアとWindows Server のライセンスを購入するのに比べて格安です。

引越し作業自体は、Windows 2000 時代との差が結構ありまして、まる一週間くらいかけてテストしながら地道に行いました。メールサーバーも前近代的な emwac ims から hmailserver に移行しましたが、フリーソフトの上にセットアップが簡単でかつ多機能で大変満足しています。

先ほど(5月11日の午前6時ごろ)、ドメイン starstonesoft.com のDNSレコードを新しいサーバーのIPアドレスに変更し、徐々に新サーバーにアクセスが移っていくのを監視しながら、さくらのSSLでRapid SSL のサーバー証明書を購入し(1620円/年)、IISにインストールをしました。

現時点ではまだ各所のDNSサーバーにキャッシュが残っていて、starstonesoft.comにアクセスすると新旧どちらのサーバーに接続されるかわからない状況ですが、新サーバーに統一されるタイミングですべてのページをhttpsにリダイレクトするように設定する予定です。

新サーバーは、トップページ左側メニューの下にさくらの花びらがついていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です