免許更新に行ってきました

誕生日が5月なので、ちょっと早めに本日運転免許更新にいってきました。

場所は Gotesco Ever内にあるLTO Driver’s License renewal center です。

古くからあるショッピングモールで、ここの3階に免許更新センターが入っています。 フィリピンでは陸運局(LTO)の事務所のほか、あちこちのショッピングモールに免許更新センターがあるので便利です。

前回3年前は午前中にいったらすごい人で、免許更新センターのドアの外まで人が溢れていましたので、今回は午後2時半ごろ行ってみました。(遅い時間にいくとほとんど人がいなくて空いているとのこと)

10人くらいいましたが、すべての手続完了まで25分くらいでしたので、日本の免許更新より簡単です。

Windows 1 で古い免許証を出したあと、健康診断の紙をくれるのでそれを持って歩いて5歩くらいのところにあるMedicalの小部屋にいくと、まず視力検査(機械に顎を乗せて覗き込むのと、遠くのディスプレイに表示された文字を読むの)をし、結果を歩いて1歩のところにいる医者に渡すとサインして完了です。 後ろを振り向くと会計の人がいるので、そこで380ペソを支払います。

レシートと結果を持ってWindows 1 に戻って提出し、10分くらい待っていると名前を呼ばれて生年月日を聞かれたあと、電子式の署名のスキャナみたいなのにサインをしてから写真撮影をします。 その後10分くらいでCasherで名前を呼ばれ、652.63ペソを支払ってレシートをもらって終了です。

本来は即日交付なので新しい免許証がもらえるのですが、免許証用のプラスチックのカード業者の製造が間に合わず、来月になったらカードの在庫が入ったかどうかSMSで問い合わせて、と電話番号を教えてくれました。 LTOはいつもそうで、ナンバープレートも足りなくて交付できないのが日常です。 競争入札で業者を決めているのに、なぜかほかよりも高い業者を選択し、その業者がまともに納品出来ないのです。 どうしてかというと...想像するとすぐわかると思います。

良いことは、今回から免許の期限が5年になりましたので、2022年の誕生日までとレシートに記載がありました。


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です