VPN+WIFIアクセスポイントをバージョンアップしました

Raspberry pi 3 用のソフトウエア(イメージファイル) VPN+WIFIアクセスポイントに重大なバグがあり、起動後にアクセスポイントが動作しない問題が見つかりましたので急ぎ修正をいたしました。

本日2月25日現在、Googleドライブから最新版(v2.0.1)をダウンロードしていただけますので、これまで動作しなかった方もぜひ今一度お試しください。

これまでに同ソフトウエアをダウンロードしてお試し頂きました方々には正常に動作せずご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びいたします。

また、今回のバグにつきましてご報告ならびに解決にご協力いただきました方に深く感謝いたします。

本製品の詳細につきましては過去の記事にてご紹介しておりますが、VPN+WIFIアクセスポイントとは、SoftEther VPNクライアントが内蔵されているWIFIアクセスポイントで、ルータ機能(NAT機能)は有しないため、このアクセスポイントに接続したPCやスマホには、VPNサーバーが設置されている側のDHCPサーバーからIPアドレスが直接割り当てられるのが特長です。 そのため、たとえば海外でNTTのひかり電話を使用するといった用途にもご利用が可能です。


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です