Wake On LAN リピータをバージョンアップしました

インターネット側からLAN内のPCなどをWake On LAN 出来るようにする機器、Wake On LAN リピータのハードウエア版シェアウエア版(Raspberry pi用)をv5.0にアップデートしました。

変更点は以下の通りです。

  • MagicPacketの転送機能が稀に落ちることがあったので、プロセスを監視して停止しているときには再起動する機能を追加。(Wake On LAN リピータの最も基本的な機能は、インターネット側から送信されたMagicPacketを、ルータのポート転送設定でWake On LAN リピータに転送すると、Wake On LAN リピータがそのパケットをLAN内全部のPCにブロードキャスト転送する機能です。)
  • IPアドレスを固定する設定をした場合に、これまではDNSサーバーのアドレスの設定項目がなかったため、正しくDNSサーバーに問い合わせをすることができなくなり、NTPサーバーに接続できなくなって時刻合わせができなくなる問題があったため、DNSサーバーを指定できるようにした
  • USB連動タップ操作機能で、これまでは手動でオン、オフを切り替えるのみだったが、新バージョンではアドレスを指定してping監視し、応答がなくなったら自動的にオフ→オンする機能を追加した。 また、毎日定時にオフ、オンが出来る機能を追加した。

設定、操作はすべてブラウザで行います(MagicPacketの転送機能は操作不要)が、最新バージョンの操作画面は以下のような構成です。 画像を見ていただくとどのような機器なのかすぐにおわかりいただけると思います。

rep1
メインメニュー
rep2
設定:ダイナミックDNSの設定。no-ip、mydns.jp, dyn.comに対応しています。
rep3
設定:ネットワーク設定。DHCP有効と、スタティックが選択可能です。
rep4
設定:日時設定
rep5
操作:手動でMagicPacketを送信
rep6
操作:日時指定で単発でMagicPacket送信予約。この機能はGETでデータを渡しているので、ほかのプログラムからWake On LAN リピータにMagicPacket送信予約を入れることが簡単に実現できます。(たとえば録画サーバーの電源を自動で入れるなど)
rep7
操作:日時、曜日指定で繰り返しMagicPacket送信予約。 毎朝事務所のPCの電源を自動で入れるような場合を想定しています。
rep8
操作:USB連動タップの操作。フリーズしたPCの電源を強制的に入れ直したり、ping監視を使って不調のルータ、モデムの電源を入れ直すことも可能です。

最後の画像のUSB連動タップ操作機能ですが、ハードウエア版はRaspberry pi の基板に改造がしてあり、USBポートの5V電源がオン、オフできるようになっていますので、USB連動タップを直接USBポートに挿し込めば使用可能です。

tap
サンワサプライ TAP-RE7U

シェアウエア版で連動タップ機能を使用するには、同様の改造をRaspberry pi基板に施さねばなりませんが、かなり難しいです。(USBコネクタを2個とも取り外し、下段側のGNDパターンに細いドリルで穴を空けて絶縁した上で新しいUSBコネクタを取り付け、GND足とGNDパターン間にPower MOS-FETをスイッチとして取り付け、ゲートの足をGPIOピンに配線します)

改造に代わり、リレーモジュールをつかえばUSB連動タップを購入しなくても直接AC100Vのオンオフも可能になりますのでそのほうが簡単ですが、ACを扱うため正しく配線しないと感電や火災の原因になりますので自己責任でのみお試しください。

たとえばこちら たった171円です。 (ここで紹介する基板が安全かどうかについてはご自身でご判断ください。 AC100Vはショートすると火柱が上がるほど強力です。)

relay

GND、VCCにはRaspberry piのGPIOのGND(6ピン)、5V(2ピン)を接続し、IN1、IN2にはそれぞれGPIOの3ピン5ピンを接続します。 必要なものはこの基板とジャンパーケーブル4本、そして安いテーブルタップを途中で切断してリレーの端子にネジ止めすれば完了です。

 

starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。