3.2インチLCDでデジタル時計作りました(追記)

長年愛用していた、7セグLEDのデジタル時計(インド製)が故障して、時刻が止まったままになってしまった。 夜中でも時間が見やすいので重宝していたので、代わりを探していたが安くていいのが見つからない。

そんな折、以前の記事「ラズベリーパイ 役に立たないもの」で書いた、小さすぎて使いみちがない、ラズベリーパイ用3.2インチカラーLCDで時計を作ろうと思い立った。

使ったものは、以下の部品です。

  • 古いRaspberry Pi B
  • 3.2インチLCD (現在売り切れ中)
  • 余っていた4GBのSDカード

液晶は waveshare の 3.2インチLCDのコピー商品のようで、ドライバも互換性があり、waveshare のホームページからドライバ入りのイメージファイルをダウンロードすればそのまま使用可能なのだが、解凍して書き込もうとしたら、4GBのSDカードでは容量が足りず、新しいSDカードを買うのももったいない(というか、それならデジタル時計を買ったほうが楽)ので、Raspbian Wheezy の2015-05-05バージョンにドライバを入れて使用した。

すごく詳細な設定方法がこちらのサイトに解説されていたので参考にさせていただきました。

液晶が使えるようになったら、

を実行してブラウザ`chromiumとマウスポインタを非表示にする unclutter を入れます。

そして、

/etc/xdg/lxsession/LXDE-pi/autostart ファイルを以下のように書き換えます。

一番下の行の https://time.is/ja/just は現在時刻をブラウザ上で表示してくれるサイトのアドレスです。 このアドレスを変更すれば、ブラウザで表示できるサイトは起動時に自動的に全画面表示されます。 (たとえば自宅内の監視カメラのアドレスにするとか)

このデジタル時計のイメージファイルをGoogleドライブに入れましたので、よかったらこちらからダウンロードしてお試しください。 waveshare 3.2インチLCD互換品をもっていて使いみちがない方におすすめです。 Raspberry piはB、B+、2Bで起動します。 (保証なしですので、もし動かなくてもご勘弁ください。)

12月3日追記:12月2日から https://time.is/ に障害が発生しているようで接続することができなくなりました。 代わりに、 http://www.starstonesoft.com/testclock.htm に320x240ピクセルでちょうど表示できるデジタル時計を用意しましたので、上記 /etc/xdg/lxsession/LXDE-pi/autostart 内のアドレスを書き換えてください。 また、testclock.htm はOSで設定されているタイムゾーンの時刻を表示するため、そのままではUTCの時刻を表示します。 sudo raspi-config でタイムゾーンをお住まいの地域に修正してください。 SSHで接続するためのユーザー名、パスワードは raspbian のオリジナルと同じ pi, raspberry です。

時計のスクリプトは http://Clock.Bralla.com のものを参考にさせていただきました。


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です