駄目な火災報知機

この家に住んで9年くらいになるが、これまでに二回、火事になりそうだったことがあった。

一度目は安物のテーブルタップのショートで、タップの挿しこみ部分から出火して布のソファーが燃え始めたところで消火器で消すことが出来た。 二度目はトラッキング火災になりそうな壁のコンセントで、仕事部屋で作業をしていたところ、どこからか”チリチリ”という小さい音が聞こえてきたので音の出処を探った所、壁のコンセントの挿しこみ部分から火花が出ているのを発見したことがあった。

そのようなわけで火災報知機は必需なのだが、これまで使っていた報知器は日本から持ってきた煙感知式で、すでに有効期限5年+3年経過していたので、6月に近所のハードウエアショップ(Handyman)で煙感知式の報知器を買いにいった。

売っていたのはYALE(鍵で有名なアメリカ製)の1600ペソと、Family guardというメキシコ製の460ペソだったが、迷わず安い方を買ってきて早速設置した。

その後2ヶ月、特に台所で料理しているときに誤報でアラームが鳴ることが多かったのだが、今日はなにもしていないのに鳴りっぱなしになり、電池を外して数時間後に電池を入れても最初から鳴りっぱなしになってしまったので、仕方なく取り外して古い日本製を復活させた。

こちらが駄目な報知器 Family guard FG200 の中身

左側の円筒形のものがセンサー、右側がブザーで、センサー上部の蓋部分には放射性物質を示すマークが入っているので、イオン化式煙感知器というものらしい。 上蓋部分にはアリのような小さい虫と、アリのオシッコ?風の茶色いシミがついているが、センサーや基板には濡れた場所はなかった。

基板を外してみたところ

センサーの円筒の下にICが組み込まれているらしい。 センサーをバラして見たい気もするが、被爆しそうで怖いし諦めることにするが、このままゴミ回収の日に出していいのかどうか悩ましい。(日本では放射性物質を使った報知器は、メーカーに返送するか日本アイソトープ協会に連絡して有償で引き取ってもらわなければ罰金50万円とのことだ)

フィリピンで火災報知機を買おうと思っている人がいたら、多少高くてもいいものを買うことをお薦めします。


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です