LANケーブルで音が変わるのか

このところアナログレコードが復権してきているという話を良く聞く。 しかし同時にハイレゾなデジタル・オーディオも普及しつつある。

自分は面倒なのは嫌いなので、30年前に買ったちょっと高価なターンテーブルも、数年後に安価になったCDプレーヤーに置き換わり、その後はmp3など音質は悪いが扱いが簡単なものへと移り、今はもっぱらラジオだ。

で、冒頭のアナログレコード復権だが、暖かい音がするとか、柔らかい音だとかいうことだが、これは確かにそうだと自分でも思う。 でも、一部オーディオマニアの方々が言っている、LANケーブルを変えると音が変わる(暖かい音になる?)とか、USBケーブルを変えると云々というのは納得が行かないのだ。

いずれもケーブルに乗るノイズが悪さをしているのでは、というのだが、それならジャージャーとかパチパチというノイズが聞こえていたのが静になるということではないのだろうか。 元々デジタルデータが通っているだけなので、ノイズが乗ってもデータにエラーが発生しないのであれば再生される波形には変わりがないはずであり、それが変わるのであれば、オーディオ回路まで回りこむノイズによるジャージャーパチパチだと思うのだ。 それがなくなると音が暖かくなるのだろうか。

自分自身の言っていることも根拠がないのが恥ずかしいのだが、長く続く論争に、どうしてデータで決着をつけないのか不思議に思っている。

たとえば、PC用のオーディオデバイスでも、24ビット192KHzで録音できるデバイスがあるのだから、それに適当なコンデンサマイクをつないで、LANケーブルを変える前と変えたあとの両方をWAVEファイルとして録音すれば、あとはその二つのファイルのデータを逐一比較すれば(演算で差分を取り出せば)本当に音が変わったのかどうかがわかるはずである。 また、どの部分が変わったら音が暖かく聞こえるのかも明らかになるのではないだろうか。

再生側も録音側も、クロック周波数が微妙に変動していれば波形がずれるではないか、と思うかもしれないが、そうであればそれぞれ100回ずつ再生してそれぞれを平均したあとで比較すればいいように思う。 そんなに難しいことではないと思うのだが...

starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です