ラズベリーパイ起動時のIPアドレス読み上げ

ラズベリーパイ本体のサイズが小さいことを活かしてなにかをつくろうとしたとき、いちいちキーボードやディスプレイを接続する必要があるのでは意味がない。 でも、そのアプリケーションがいろいろな設定や操作が必要なものであるとき、簡単な方法としては市販のルータなどと同じくLAN内のパソコンやスマホのブラウザで設定画面を開けるようにするのが便利である。

しかし、ルータであれば初期状態でIPアドレスが固定されていて、たとえばバッファローのルータであれば、ルータのLAN側に接続したパソコンのブラウザで http://192.168.11.1 にて設定画面を開くことができるが、ラズベリーパイの場合は、起動するたびにルータからDHCPでIPアドレスを自動取得するため、現在のIPアドレスが何かを確認するには、ルータのステータス画面内からラズベリーパイらしきもののIPアドレスを見つけ出すか、LAN内を探索するソフトなどを使って検索する必要があった。 でも、そんな面倒くさいことが必要では、広く一般に使ってもらえる製品にはならないと思う。

というわけで本日は、起動のたびにIPアドレスを自動で読み上げる方法をご紹介する。 動作は、ラズベリーパイ起動時に、DHCPで取得したIPアドレスを音声で読み上げるだけだが、イヤフォン端子にヘッドフォンやスピーカーをつないで起動すればIPアドレスがわかるので便利だ。 音声はもともと録音したものを用意し、数字にあわせてファイルを再生する方法にしている。(当初は音声合成でやってみたが、負荷が高いときには音声がとぎれとぎれになったので録音音声を使うようにした)

  1. ラズベリーパイにSSHでログインする。

tera01

2. ディレクトリを /etc に移動する

cd /etc

3. IPアドレス読み上げ音声をダウンロードする

sudo wget http://www.starstonesoft.com/temp/voice.zip

4. ZIPファイルを解凍する

sudo unzip voice.zip

5. IPアドレス読み上げ用のスクリプトを作成する

sudo nano /etc/init.d/sayIP

Enterを押すとエディタ画面になるので、下記スクリプトをコピーしてからエディタ画面に貼り付ける

貼り付けたら CTRL+x キーを押し、yキー、Enterキーを押すと保存される。

6. 保存したスクリプトの実行権限を与える

sudo chmod 755 /etc/init.d/sayIP

7. 起動時に自動実行するように設定する

sudo update-rc.d sayIP defaults

8. 再起動してみる

sudo reboot

これでIPアドレスの音声が聞こえれば完成です。 自動実行をやめるには

sudo update-rc.d sayIP remove

を実行してください。

 

 

starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

“ラズベリーパイ起動時のIPアドレス読み上げ” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です