自分ちでカラオケ

自分で作ったソフトウエアのうち、気に入って使い続けているものの一つが JoySoundCafe_Player です。

カラオケのソフトなのだが、フィリピン在住の自分にとって、自宅で日本のカラオケを楽しむにはいろいろ障害があった。 まずは日本のインターネットカラオケサービスが国内からの利用しか出来ないようになっていることだが、これは日本の実家にVPNサーバーを置いて、フィリピンからVPN接続することにより解決できた。(こうすることでフィリピンからのアクセスも日本を中継するので、業者には日本国内からのアクセスに見える)

次に問題となったのは通信速度と音質の兼ね合いだった。 こちらのADSL接続は速度が極端に遅くなることが頻繁で、データ量がもともと少ないMIDIのカラオケを試したのだが、チープで電子的な音質と、曲の内容と無関係の背景映像がどうにも我慢できず、インターネットの速度が遅いときはとぎれとぎれになることも我慢しながらWindows Media形式の映像ファイルを配信している ジョイサウンドカフェ に入会した。 こちらは、特に古い楽曲では本物の演奏で、映像もその曲用に撮影されたストーリーのあるもので、懐かしい日本の風景や旅情が見ているだけでも楽しめるのだ。 しかし、残る問題は二つで、楽曲がとぎれとぎれになりやすい、音程の調整が出来ないという問題があった。

そこで作ったソフトが ジョイサウンドカフェプレーヤー である。

fullscr

Windowsの全画面表示状態のプレーヤーの上に、選曲用のリモコンウィンドウが透過表示されていて、演奏中でも次の曲の選曲が出来るようになっている。

通信速度が遅い場合の対応としては、楽曲を先にある程度(たとえば全体の20%)ダウンロードしてから再生を開始することにより、途中で演奏がとぎれとぎれになることを防いている。 また、音程を調整する機能を内蔵していて、音質を劣化させずに音程を上下することが可能だ。(WindowsのHDオーディオデバイスのプロパティでも音程調整が出来るものがあるが、音質が極端に悪化するので使用に耐えない。 本プレーヤーの機能であれば、音程調整機能つきのマイクミキサーのハードウエア製品に比べても遜色がない、あるいは更に高音質である)

その他、選曲の操作にスマホのブラウザがつかえたりして、自宅でホームパーティーをするときなどに活用している。

昭和の昔にカラオケスナックに通ったころのことを思い出しながら作ったソフトで、レーザーディスクカラオケ時代のムードを意識した、ハイテク製品です。

日本にお住まいの方も、海外生活をされている方も、ぜひ試してみていただきたいと思います。(シェアウエアですが無料で試用できます)

詳細は こちら のマニュアルをご参照ください。

 


starstonesoft

投稿者: starstonesoft

1995年からフィリピン在住。 海外生活に役立つことなどを紹介していきたいです。

“自分ちでカラオケ” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です