フィリピンで使っているカーナビ

方向音痴な自分にとって、道路標識が少ない上に標識に書いてある地名のいち関係がわからないフィリピンで車を運転するにはカーナビは必需品です。 まだスマホを持っていなかったころは、中国製の2DINカーステレオにGarminをインストールし、無料マップ(OSM)で使用していました。 その前はGarmin nuvi に別の無料マップを書き込んでいました。

現在は、5000円ほどのスマホにAndroidアプリの Maps & GPS Navigation – OsmAnd を入れて使っています。

無料でマップは10回までダウンロード可能、完全オフライン動作ですのでインターネット接続も必要なく、精度も十分高いので大満足です。 もしまだお使いでなかったらぜひお試しください。

今日はこちらに観光に行きました。

San Jose Delmonte Bulacan の Lourdes Grotto Church という、古い教会です。

私は無宗教ですが、たまには都会の喧騒から離れて静かな森の中に行ってみたくなりまして。 教会の裏山には聖水が湧き出ているという湧き水や、丘に順路があって結構歩き回るミニお遍路さん風のものがあったりします。 地元の人が数人来ていただけで、高い木々には鳥のさえずりが聞こえて静かな場所でした。 が、やっぱり暑いのですぐに帰って来ました。

帰り道ではカーナビの指示に反して一箇所曲がる所を間違ってしまいましたが、リルートで住宅街の狭い道を何度も曲がる道を教えてくれまして、無事帰宅しました。


本日出荷分から製品仕様更新です

ラジオサーバー、ホームラジオ、VPNサーバーBOX2の各製品は、本日2017年3月25日出荷分からケースの色がこれまでの黒から白に変更となります。

その他変更点は以下の通りです。

ラジオサーバー高性能版:価格を千円値下げしました。

ホームラジオ高性能版:これまでオプションだった無線LAN接続が、価格据え置きで標準仕様となりました。 一度有線LANで設定を行ったあとは、LANケーブルを抜いて持ち歩くことが可能となりました。

ぜひご検討ください。


PLDTが割当IPアドレスをグローバルからプライベートに変更

このブログ用のサーバーはフィリピンの電話会社PLDTのADSL回線に接続しておりましたが、3月17日以来、外部からの接続ができなくなっていました。

ちょうど日本に帰国していたためなにもできなかったのですが、一昨日フィリピンに戻りましたので早速調べてみました所、これまでPLDTではルータのWAN側にグローバルIPアドレスを割り当てていたのに、現在はプライベートIPアドレスの割当となっていました。(プライベートIPでは、外部からの接続を受け入れることが出来ません。)

早速PLDTの連絡窓口にグローバルIPアドレスを割り当てるようメールで連絡を入れましたがすぐに返事があるわけはなく、威張り腐ったPLDTがグローバルIPに戻してくれるとは思えません。

そこで、取り急ぎ「さくらのVPS」の一番安いプラン(月額685円、初期費用1080円)のお試し加入をしまして、Debian上にWordpress環境を構築し、”Duplicator”プラグインを使ってこれまでの設定すべてを移行してみました。(プラグインを作ってくださった方に感謝です。おかげで割りと簡単に引っ越しができました)

しばらくご迷惑をおかけいたしましたが、ブログを見に来てくださいます方々、今後共よろしくお願いいたします。


プリウスの事故

先日から日本に一時帰国していますが、昨日鈴鹿市のF1マート(安売りスーパー)に買い物に行った帰り、サーキット道路の脇で黒いプリウスが歩道側の壁にぶつかっているのを見ました。

多分まだぶつかったばかりで、30代くらいのスーツを着た運転手が車から降りて、となりのお店のほうに歩きはじめたところでした。

片側一車線ですが道幅は広く、直線の区間ですので普通ならハンドルから手を離していてもまっすぐ行けそうなものを、なんでこんな急な角度で歩道に上がって壁にぶつかったのかと、ちょっと考えたらあの福岡の病院へのタクシー突入事故を思い出しました。

福岡のタクシー事故は、先月でしたか続報があり、EDRの記録を根拠に、運転手のブレーキとアクセルの踏み間違いということで送検されたとのことでしたが、一貫してブレーキが効かなくなったことを主張していた運転手さん本人が真実を話していたのであれば断腸の思いであると想像します。

本当に車両に欠陥はなかったのか、それをきちんと丁寧に検証したのかが気にかかります。 私個人の意見は過去の記事”福岡の病院でのタクシー突入事故について” にありますのでご一読ください。

上記画像の昨日の事故は犠牲者がいないようで幸いでしたが、画像をみていると、”あれ?ブレーキ踏んでるのにスピードが落ちないよ。 うぁぁーだんだん加速してきた!追突するー!!” となって、仕方なく壁に向かって急ハンドルを切ったように見えてきませんか。

真相は知りませんし、物損事故なのでニュースにもならないでしょうから単なる想像ではありますが、福岡の事故と同じ型のプリウス、若い運転手、まっすぐな道ですので、踏み間違いはないでしょう。 単なる脇見や対向車を避けての事故かもしれません。 でも、もしそうでなければ警察はEDRを見て踏み間違いと判定し、壁の弁償と車の修理は運転手の責任とするのでしょうか。

※EDRはイベントデータレコーダのことで、事故発生時のアクセルやブレーキの操作状態を記録するそうです。コンピュータが正常に動作していることが前提ですが...