ホームラジオとラジオサーバーをアップデートしました

長らくお待たせいたしました。複数のユーザーの方からご要望がありました、日時指定予約機能を追加し、ホームラジオ、ラジオサーバーの新バージョンを公開しました。

これまでのキーワード登録予約に加え、日時指定、毎日、毎週の予約が出来るようになりましたのでより便利にお使いいだけると思います。

nichijishitei

その他、ラジオサーバーでは録音ファイルの保存場所にUSBメモリを選択できるように致しました。

すでにご利用の方は、システム設定ページ下部の”アップデート”ボタンからオンラインアップデートを行ってください。

アクセルとブレーキの踏み間違い事故について考えたこと

特にここ数日は話題になっているようだが、AT車のアクセルとブレーキの踏み間違い事故について考えてみた。

よくあるパターンは、駐車場で止まろうとしたときにアクセル全開で店に突っ込んでしまったり人を轢いてしまったり、ということだと思う。

ならば、前後に障害物があるときにアクセルを踏んでもアイドリングを維持すれば、クリープでのろのろ進むだけなので被害はかなり軽減できるのではないだろうか。

自分の車(1999年のボルボ)が何度も電子スロットル故障で苦労したのでその構造についてはだいぶ勉強したのだが、最近は軽自動車でさえ電子スロットル装着の割合が多いようなので、折角だからそれを利用すれば既存の車両で事故軽減オプションがついていないものでも簡単に実現できるように思ったので、着想のみのアイディアとして書いてみようと思う。

たとえば、http://www.ebay.com/bhp/waterproof-ultrasonic-sensor で$7.28で販売されている防水の超音波式測距センサーを車の前後にとりつけて、マイコン基板(たとえばRaspberry Pi)で車両前後の距離を監視する。

ultrasonic
最大4.5mまで測れるセンサー 7.28ドル

あとは、アクセルペダルのセンサーの信号線を制御する仕組みを追加し、車両前後の障害物までの距離が設定値以内であれば、アクセルを踏んでも全閉時の抵抗値(または電圧)を維持するようにし、さらにブザーでも取り付けて”ブーー!”と音がすれば、クリープでのろのろ走りながら自分が間違ってアクセルを踏んでいることに気づけるのではないだろうか。

アクセルペダルのセンサーに制御を割り込ませる製品はすでに数多くの会社が”スロットルコントローラー”のような名称で出しており、車種別の専用ハーネスなんかも出ているので、それを流用すれば自作でもそう難しくなさそうである。

スロットルコントローラは、アクセルペダルを踏む量と電子スロットルが実際に開く量のカーブを少し変化させ、少し踏んだだけで電子スロットルをガバっとあけて車が早くなったように錯覚させる機能を持つものと理解しているが、その錯覚のために何万円も出すより、自分の足でアクセルペダルを多めに踏めば結局同じだと思われ、それだけの機能ではもったいない気がする。 数多くの車両のアクセルペダルセンサーの配線に関する情報をもっている会社であれば、障害物センサーとの組み合わせもいとも簡単に実現できると思うのだがどうだろうか。

試しに自分の車で試作品を作ってみたいと思うのだが、なにしろフィリピンの郵便事業会社が駄目すぎて、海外からパーツを購入しても届かないか法外な関税をかけられるかでえらい面倒くさいのがネックである。

 

VPN+WIFIアクセスポイントに WIFI-WIFI接続機能を追加

Raspberry pi 3 用のソフトウエア(イメージファイル) VPN+WIFIアクセスポイントに、WAN側をWIFI接続にできる機能を追加しました。

詳細については過去の記事にてご紹介しておりますが、VPN+WIFIアクセスポイントとは、SoftEther VPNクライアントが内蔵されているWIFIアクセスポイントで、ルータ機能(NAT機能)は有しないため、このアクセスポイントに接続したPCやスマホには、VPNサーバーが設置されている側のDHCPサーバーからIPアドレスが直接割り当てられるのが特長です。

そのため、たとえば日本の自宅のNTTひかり電話ルータのLAN側にSoftEther VPNサーバー(あるいはVPNサーバーBOX2)を設置し、海外ではVPN+WIFIアクセスポイントを使用してVPNサーバーに接続を行えば、海外のスマホには直接NTTのひかり電話ルータがIPアドレスを割り当ててくれるため、海外にいるときであってもスマホをひかり電話子機として発着信が可能となります。 (スマホ自体がもつVPNクライアント機能を設定して使用することも可能なのですが、私のAndroidスマホの場合、L2TP/IPSecで接続していても数時間たつとVPN接続が切断する現象が多発し、安定した着信を行うことは無理でした)

下の動画は設定完了後に電源を投入後、起動するときの様子です。

構成は、Raspberry Pi 3 model B, 外付けのスピーカー(設定時のみスピーカーかイヤフォンが必要ですが、通常使用時は不要)、5V1AのACアダプタ+マイクロUSBケーブル、そして今回WAN側もWIFI化するために、USBのWIFIドングルを接続しています。

こちらの動画では、すでにWAN側をWIFIに設定し、WIFIルータのSSIDとパスワードを入力した状態のものを起動していまして、スピーカーからは順に

  • 起動しました
  • IPアドレスは192.168.11.49 (3回繰り返し)
  • VPN接続しました
  • ルーティングテーブルを書き換えました
  • WIFIアクセスポイントを起動しました
  • ブリッジ接続を完了しました

という音声が流れています。 WAN側がWIFI接続の場合、電源投入後に音声が出始めるまで20秒ほどかかりますが、これはWIFI接続設定にしてあってもLANケーブルを挿し込んだときには自動的に有線LAN接続を優先させるための起動時の待ち時間が追加されているためで、有線LAN接続の場合は数秒で音声が出始めます。 起動が完了したら、スマホなどでVPN+WIFIアクセスポイントの設定画面で指定したアクセスポイントのSSID、パスワードで接続できます。

はじめて起動するときは、有線LANケーブルで接続した状態で電源を入れると

  • 起動しました
  • IPアドレスは ...
  • VPN接続の設定を行ってください

と音声が流れますので、聞き取ったIPアドレスでLAN内のPCやスマートフォンのブラウザで設定画面を開いてください。

設定箇所は「接続するVPNサーバーの設定」と、「WAN側設定」の二箇所です。

vpnsetting

Screenshot_2016-11-16-15-32-09

 

 

こちらは、AndroidスマホでVPN+WIFIアクセスポイントに接続したところです。 IP アドレス が192.168.5.5、デフォルトゲートウェイが192.168.5.1となっており、日本の自宅のひかり電話ルータからIPアドレスが付与されていることがわかります。

 

Screenshot_2016-11-16-15-32-24

 

AndroidスマホにインストールしたSIPクライアント Chiffon です。 この状態で、日本のひかり電話の電話番号での着信、発信が可能です。

 

 

 

 

上記動画のテストで使用しているUSB WIFIドングルは Tenda の W311MI で、RalinkのRT5370を使用したものですが、日本国内であればバッファローのWLI-UC-GMN(Ralink RT8070V使用)でも動作可能と思います。

もちろんこれまで同様に、USB WIFIドングルを刺さない状態で使用すれば、WAN側を有線LANとするVPNアクセスポイントとして使用可能です。

VPN+WIFIアクセスポイントはこちらからダウンロード可能ですのでぜひお試しください。 Vectorは最新版登録に数日の遅れがありますので、11月20日くらいまではGoogle Driveからダウンロードをお願い致します。

最後に、上記動画の中にうつっている電流計ですが、WAN側用のUSB WIFIドングルを追加した状態で、起動時の消費電流の変動を記録するためのものです。 ほぼ0.4Aのあたりで針が少しだけ上下しているのがわかるかと思いますが、下の画像はVPN接続済み、アクセスポイント機能にはAndroidスマートフォンを接続した状態でのメーターの画像です。

Exif_JPEG_420

最大10Aのメーターですが、針はやはり0.4Aのあたりです。 Raspbvery Pi 3 はメーカー推奨が2.5Aの電源アダプタとなっていますが、VPN+WIFIアクセスポイントにUSBドングルを追加した状態でアクセス中であってもわずか0.4Aしか流れませんので、いらなくなったスマホの充電アダプタのような、1A程度のものでも問題なく動作することを付け加えておきます。

最後の最後に技術的なお話ですが、今回のWIFI-WIFI対応は当初はRaspberry Pi 3 に内蔵の無線LANアダプタを、クライアントモードとアクセスポイントモードを同時に動作させることにより、USB WIFIドングルを追加せずに可能にしたかったのですが、

iw dev wlan0 interface wlan1 type __ap

で wlan1を作成することは可能でしたが、どうしても安定して動作させることができず断念しました。 いつか機会があればまた挑戦したいと思います。

歯医者に行ってきました

ここ数日、奥歯の歯茎が痛くて物が噛めず、飲み込むときに喉まで痛くなってきたので渋々歯医者に行ってきた。

近くて駐車場があって、薬局も同じビルの中にあるところ、ということでいつも買い物に行くスーパーが入っているビル内の Dr.Tooth Smile Dental Clinic に行ってきた。 Robinson’s Super Marketのテナントに入っているチェーン店のようだ。

とりあえず抗生物質の処方だけしてもらいたかったのだが、抜くか歯石取りしてから抗生物質、とのことで、仕方なく歯石取りのほうを選択してやってもらったが、約30分ほどで1500ペソ(3260円)。 何年か前に近所の別の歯医者でやってもらったときは半額ぐらいだったと記憶しているので結構高い。 抗生物質と痛み止めは合計で千円程度だった。

で、昨日の朝行ってきて抗生物質を3回飲んだところだが、今のところまだまだ痛い。 痛いところをガリガリやられたので余計痛くなった気がする。

高いし痛いし、うがいの水がやたら少ない(出が悪くて”もっと水頂戴”とお願いしても、コップの下2cmくらいしか入れてくれない)、普通は治療前に名前や住所、肝炎や出血性の病気の有無などを申告する紙に記入するがここは事後に名前と住所だけだったり、あまりお勧め出来ないです。

Makati Medical Center St.Luke’s のような大病院に入っているデンタルクリニックはその点安心なので、面倒でなければそういうところへ行くことをお薦めします。(値段も今回のところより安いです)