猫の幽霊

うちにはもともと♀の猫が一匹いたのだが、どんどん増えて今は20匹くらいが家の中で暮らしている。

そのなかの♂の黒猫だったブラッキーは今年6月13日に病気であの世へと旅立った(と思ったのだが実は違った)。

参考画像 ブラッキーの息子のクロ(寝ているところ)

Exif_JPEG_420

ブラッキーは若かったころは気が強くて、うちの中で別の♂猫と大喧嘩をして、尻のあたりを噛まれて穴が二つになったようになってしまい、じっと痛みに耐えていたのを見かねて寝室にいれてやったのだが、それからずっと数年間、寝室から出ることなく猫人生を終える日まで私と生活を共にした特別に大事な存在だった。

で、死んだ翌朝、うちの小さな花壇に埋めたあと、元気だったころの写真を印刷して写真立てにいれ、夕食のときはその写真を見ながらお酒を飲んでいたのだが、そのときにふとスマホで撮った写真には大きな白いモヤモヤがうつっていたのだ。 部屋の中の別の場所で撮った写真には、モヤが縦の棒状になって、その先がクネっと曲がっている形状に変化していた。

スマホのカメラ設定は9連写になっていたのだが、モヤは微妙に移動しているようで、写真を見てすぐに”ブラッキーだ!”と思って部屋のあちこちを撮ってみたら、薄いモヤが移動していく様子が写っていた。

その翌日、晩御飯のチキンカツを作っていたときのこと、これまで一度しか(火事になりかかったとき)鳴ったことがない煙感知式の火災報知器が”ピーピーピー”と数秒間鳴った。 以降、ブラッキーが好きそうなものを作っていると火災報知器が鳴ることが度々あり、また夜だれもいないキッチンでも数秒間鳴るような状況が続いていた。

そして今回、9月12日に日本に帰省するときに、空中のどこかでウロウロしているブラッキーに向かって”一緒にいくかー”と声をかけて出発したのだが、日本に帰って実家で数日過ごしたとき、枕に猫の爪で引っ掻いたような三本の破れ目が出来ていることに気づき、一緒についてきたんだと確信した。

そして9月26日、フィリピンへ戻るため実家を出るときに”帰るからついてこいよー”と声をかけて家を出たのだが、マニラの空港についてからここフィリピンの家に電話を入れたところ、電話口の向こうから火災報知器が鳴っている音が聞こえ、事情を聞いてみると10分くらい前から鳴り出したとのこと、それまで私がいなかった2週間は一度も鳴らなかったのに空港についた時刻に鳴り出したらしいのだ。 空港から家までレンタカーで約2時間、家についてもまだ鳴りっぱなしだったのでとりあえず電池を外したのだが、その翌日も電池を入れると鳴り出してしまうようになったのだ。(ブラッキーが壊した?)

さらに26日は家に帰ってエアコンを入れたら、ブブブブーという音がしたあとポンッという音と焦げ臭い臭いがしてモーターが故障してしまい、買い換える羽目になったのだが、これはブラッキーかどうかはわからないのだが、とりあえず”コラーー、なんでも壊すのはやめろよー”と抗議しておいたが、元が猫なので言うことを聞いてくれるかどうか...

知らない人の幽霊が出たら怖いが、ブラッキーのお化けはちっとも怖くなくて、近くでウロウロしているのが感じられて嬉しいものだ。

 

フィリピンに帰国

二週間ほど日本に帰省していたが、一昨日フィリピンに戻ってきました。

津なぎさまち
津なぎさまち 午前5時45分ごろ
セントレア喫煙所前
セントレア喫煙所前 午前9時ごろ
マニラターミナル2レンタカー乗り場
マニラターミナル2レンタカー乗り場 午後1時半(日本時間午後2時半)

津からセントレアまで高速船で45分、セントレアからマニラは3時間55分。 静かな日本から、暑くて活気あふれるマニラへの移動は半日ちょっとです。 だんだん寂れていく日本とどんどん発展するフィリピン、違いは人口が減少するか増加するか、だと感じます。

お金をたくさん印刷してばらまいても一時しのぎでしかなく、根本的には少子化対策をしないと活気は取り戻せないと思う。 人口がどんどん増えているフィリピンでは、多少腐った肉や萎れた野菜でも高い値段でどんどん売れるのだから、自動的にインフレになっているのだから。

VPN + WIFIアクセスポイント

ラズベリーパイ用シェアウエア(SDカードイメージ)、”VPN+WIFIアクセスポイント”を公開しました。 起動後1時間は全機能試用でき、1時間をすぎても電源を抜いて入れなおせばまた1時間使えますのでぜひお気軽にお試しください。

動作中の実機

vpnwifiap

Androidスマホで上記画像の実機にWIFI接続したところ

Screenshot_2016-09-24-14-31-24

Raspberry Pi 3 専用ですが、使い方は概略以下のような手順です。

1.SDカードイメージをダウンロードし、解凍します。

2.Win32DiskImagerなどで8GB以上のマイクロSDカードに書き込みます。

3.Raspberry Pi 3 にカードを差し込み、ルータに有線LANケーブルで接続します。 また、イヤフォン端子にイヤフォンを差し込んで耳に入れておきます。

4.Raspberry Pi 3 にACアダプタをつないで電源を入れます。

5.15秒ほどすると、”起動しました”という音声が聞こえ、その後ルータから割り当てられたIPアドレスが流れますのでメモします。

6.”VPN接続の設定を行ってください”という音声が流れます。 LAN内のPCかスマホのブラウザで上記でメモしたIPアドレスを開きます。(たとえば http://192.168.12.4 など)。 設定ページを開く際のユーザー名、パスワードはadmin, adminです。(設定ページ内で変更できますので必要に応じて変更してください)

7.自分用のSoftEther VPNサーバーのアドレスなどを入力します。たとえば下図のようになります。

setting2b

8.適用ボタンをクリックすると、VPNサーバーへの接続テストを行い、VPNサーバー側からIPアドレスが取得できる段階まで進むと”成功”の表示が出て再起動します。

9.再起動後は、”起動しました”、”IPアドレスは...”に続き、”VPN接続しました”、”ルーティングテーブルを書き換えました”、”WIFIアクセスポイントを起動しました”、”ブリッジ接続を完了しました”と音声が流れます。

この状態で、上記設定ページ内で指定したSSIDとパスワードでアクセスポイントが動作しています。 初期状態では以下のようになっています。

setting3

一度設定をすれば、設定済みのRaspberry Pi 3 を持ち歩いて、外出先の有線LANポートに接続して電源を入れると、自動的にVPN接続が確立し、アクセスポイントが起動しますので、以降設定画面を開く必要はありません。 (電源を切るときもACアダプタをいきなり抜いても、相性がよいSDカードを使っている限り、まず大丈夫です。)

アクセスポイントに接続したPCやスマホには、VPNサーバー側のルータから直接DHCPでIPアドレスが割り当てられるため、VPNサーバー側ネットワークに直接接続しているのと完全に同じ状態となります。 従って、サーバー側ネットワークの共有フォルダなどにも簡単にアクセスが可能です。

また、日本版のFireTVスティックのような、日本国内限定で使用できるデバイスも、このアクセスポイントにWIFI接続すれば海外でも日本のネットワークとして認識されるものと思います。(FireTVスティックを持っていないので試していませんが)

ただ、LAN内でだけ動画を共有できるような、たとえばHDDレコーダに録画した映像を海外で見られるかというと、多分無理です。 これら機器に用いられている規格にはLAN内にいるか、外部にいるかを判断するために通信のラウンドトリップタイムを使用しているため、VPN接続していてもその規格を満たすことができないからです。

本ソフトウエアの詳細につきましては、こちらからマニュアルをダウンロードしてご参照ください。

 

超高級版ホームラジオ完成

過去の記事で、Raspberry Pi用のI2Cオーディオ基板の Suptronics x400 について紹介をしたが、ようやくケースに収めて快適に使用できるようになった。

こちらが動作しているところ。 31年前に買ったスピーカー(PIONEER S-180D)といっしょに撮影した。

front

中身はこちら。ケース後方よりにRaspberry Pi 2 と Suptronics x400が二段重ねになったものを、両面テープつきの基板固定足で固定している。 Line outはケーブルでケース背面のRCAジャックに、ヘッドフォン端子も延長ケーブルを作ってケース全面の6.3mmヘッドフォン端子へと配線している。

side

続いて背面側。ケースにはもともと画像左端の電源スイッチ用の穴と、AC100V用の三極プラグを取り付けるための穴が開いていたが、三極プラグの穴を拡張して基板背面の端子がそのまま使えるようにした。 本当は穴なしパネルを使ってスピーカー端子、LAN端子、USB端子を背面に出したら美しいのだと思う。 左端の電源スイッチは電源用とはせず、x400基板上のオーディオアンプの有効、無効を切り替えるジャンパー端子に配線している。(ヘッドフォンで聞くときはメインアンプをオフにして使用するため)

back

こちらはボリュームシャフトの延長の図。ケースのボリュームつまみの穴の高さよりも2段重ね基板上のボリュームの位置のほうが高かったので、ユニバーサルジョイント2個とアルミパイプを使って連結した。 ケース側でボリュームつまみ、フロントパネル、シャフトともに金属のためガタガタしているうえにゴリゴリ感があるが、布をはさむとかグリスを塗るなどで改善できそう。 動きはスムーズです。

volume_shaft

古いスピーカーに最新のI2C DAC+デジタルアンプでradikoの音楽番組を聞いたり、iTunes内の曲をAirPlay経由で聞いたりしているが、美しく澄んだ音で楽しめている。

以下、今回使用した部品と購入当時の値段を一覧にしておく。

・Raspberry Pi 2  (RSコンポーネンツ)  4763円

・Suptronics x400 (GearBest) 26.01USドル(送料込)

・ケース 1506 full aiminum enclosure (ebay.com) 4222円(送料込)

・ユニバーサルジョイント6mm (Banggood) 2個 654円(送料込)

・6mmアルミパイプ1m (近所のホームセンター) 180円

・小物部品類(6.3mmステレオジャック, 3.5mmステレオミニプラグ, 3mm青色LED, 定電流ダイオード10mA, RCAジャック白, RCAジャック赤, スペーサーTP-20 4個, 貼り付けボスASR-6 4個)  (秋月電子)  690円

合計 13188円 (家にあった電線類、古いノートパソコン用ACアダプタは含まず)

満足度は高いのですが、加工が結構大変なので今のところ販売の予定はありません。

Raspberry pi B+ ELPIDAのRAMが載っていると起動しない

一部製品に Raspberry Pi B+を使用しているため、継続してRSコンポーネンツより購入しているが、今回購入したロット(9月初旬入荷分)で、既存のSDカードイメージを書き込んでも全く起動しない現象が発生した。

SDカードイメージは Raspbian Wheezyベースで作成したものなのだが、30枚テストした段階で25枚が起動できず、慌ててしまったのだが、起動できたものと起動できなかったものをよく見比べてみると、基盤のバージョン、レビジョンは同一でも、RAMのメーカーが違っていることがわかった。

起動できたものは従来通りSamsung製、起動できなかったものはELPIDA製のRAMが乗っていた。

こちらはSamsung製RAMが載った基盤。印刷が薄いので写真では見えないです。

samsung

こちらがELPIDA製。

ELPIDA

ELPIDA製のものでは、電源を入れたときに基板の赤と緑のLEDがつきっぱなしの状態で全く起動しない。

解決策は、起動できる基板にSDカードを差し込んでから

sudo apt-get update

sudo apt-get dist-upgrade

を実行すれば、そのカード(およびそのカードから作成したイメージファイル)で起動できるようになった。

予告なく仕様が変わると何だか面倒です。

日産レンタカー大幅値上げ

大体年に二回、日本に一時帰国しているが、ここからマニラエアポートまではいつも NISSAN Rent a car を使っている。 普通のタクシーのほうが安いのだが、近所でタクシーを拾おうとしてもなかなか空車がこなくて30分くらい待たなければならないことが多く、時間が読めないのだ。

さて、ニッサンレンタカーだが、今年2月に使ったときは出発時(家→空港)が980ペソ、帰宅時(空港→家)は880ペソだった。

ところが昨日予約をしたところ、出発時1295ペソ、帰宅時1295ペソと最大415ペソの値上げとなっていた。 高いよーーっと思ったが、日本円では約3000円くらい、ここから空港までは20kmくらいの距離だがいつも渋滞で2時間くらいかかるので、車の占有時間としては迎えに来てもらうときと送ってもらうときで合計4時間だとすると1時間千円より安いわけで、まだまだ安いとも言える。

なによりニッサンで安心だし、ウェブサイトからオンラインで予約が出来るので便利だ。