尊敬する人、がっかりな人

もう何年も前、うちのトイレの流れが悪くなったことがありました。 二階のトイレを流すと一階のトイレから水が上がってくるような状態で、スッポンや詰まり取りワイヤではどうにもならず、業者さんを呼びました。

フィリピンでは道端などに poso negro と書かれた看板があったり、インターネットで検索すれば多くの業者が見つかりますが、当時は検索して近くの業者が見つかったので依頼しました。

すぐに4人くらいやってきまして、一人は会計係的な人(オーナーかも)、あと3人が作業者で、建物の前のコンクリの部分の、おそらく汚水枡があると思われるあたりを太くて長い鉄筋を使って穴を開け始めました。 3人がかりで鉄筋を持ち上げて落とす、を繰り返し、うまく汚水の場所に到達し、その後同じ方法で四角い穴を作りました。

で、詰まりを取る段階になって、うち一人がパンツ一枚になって汚水桝の中に胸まで浸かって、下の方に手を突っ込んで排水管に詰まっている布切れ(誰が流したか不明)を取り除いてくれたんです。

その後、配管を一本増設し、コンクリで蓋をして完了まで半日程度の作業でした。

なにが感動したかって、このパンツ一枚で汚水桝に躊躇なく胸まで入るおじさんにです。 なにしろ途中に浄化槽があるわけではないので、トイレの排水がそのままここに溜まっているので、想像の通りの状況です。

ただただ、この人の勇気、仕事に対する姿勢、きっと家で待っているであろうご家族のために頑張って仕事をしておられるのだろうと想像し、数年立った今でも当時の感動は忘れられず、私の最も尊敬する人物となりました。

がっかりする人、この話を聞いて嫌な顔をするお金持ちの人、職業に貴賎があると思っている人。

賄賂をもらって私腹を肥やし、召使がたくさんいるいい家に住んでいる役人と、つらい仕事でも家族のために頑張っているおじさん、あえて貴賎をつけるならば前者が浅ましく卑しい、後者は尊いに違いありません。

 

 

 


フィリピンの駄目なもの

最近一ヶ月で経験した、フィリピンの駄目なもの三題です。

1.シャープの洗濯機

また壊れました。 こちらの記事で書いたシャープの洗濯機です。

2013年末に購入、2015年に脱水のモーター故障でモーター交換、同年一ヶ月後に脱水槽ふた部分のスプリングとスイッチが腐食して交換、2017年再度スプリングが腐食して折れ、ついに今月また脱水槽のモーター故障です。 脱水槽のモーターは2年に一度交換しないといけないように設計なさっているのだと思います。 シャープなのに、Alibabaで売られている中国製のモーターをそのままラベルを貼ったまま使用しています。 せめて、受け入れ検査や耐久性の試験をしましょうよ。

さすがシャープ

2年に一度、モーター交換費用を払うのは嫌なので、Panasonicのものに買い替えました。 見たところ設計はしっかりしていそうです。

2.PhilpostのEMS

以前、こちらの記事で書きましたように、PhilpostのEMSは現在はちゃんと配達してくれるようになったと喜んでいましたが、ぬか喜びでした。

今年3度目のEMS発送で、マニラ空港近くのExpress Mail Exchange Department, Central Mail Exchange Center なるところでホールドされてしまいました。

8月11日以降、ステータスがアップデートされず、メールで問い合わせてみましたところ、税関の検査が必要なので空港近くのCentral Mail Exchange Centerまで来いとのこと、時間がないから行けないので開封して検査してもいいから配達してくれと再度問い合わせましたが、本人または代理人の前でないと開封できないことになっている、の一点張りです。 メトロマニラ在住の場合はCentral Mail Exchange Centerに来なければならないことになっている、とおっしゃいます。 うちからは距離は22kmですが、郵便局があいている時間(平日朝8時から午後4時)に行こうとすれば往復とも大渋滞で片道2時間です。 さらに郵便局で1時間待たされれば5時間もかかります。(メトロマニラは広いので、一番遠くに住んでいる人なら片道3時間でしょうか。かわいそうに)

荷物の中身は中国の通販で購入した15ドル程度の部品、送料とあわせても25ドルですから、1250ペソくらいです。 現在は1万ペソまで非課税になっているのに、5時間と往復する費用をかけさせてまで郵便局に呼ぶのは、配達が面倒くさいのか、あるいは税関職員の私腹を肥やすことが目的なのかはわかりません。 税関といえば、関税局長官が中国人ビジネスマンの覚せい剤輸入(600キロ以上)を黙認して賄賂をもらっていたとしてフィリピンの国会で喚問中ですが、長官がそういう人ならば職員は真似するでしょうよ。 根っこが腐った組織は枝葉も腐っています。 腐った人間の言いなりは嫌なので今回の荷物は放棄し、別の配送方法で新しく注文し直しました。

3.卵も腐ってる

今週、UPタウンセンターのMerkadoというスーパーマーケットで買った卵も腐っています。

割るときに黄身が殻にくっついていて崩れます。すでに黒ずんでます。

賞味期限は091817、つまり9月18日まで(今日はまだ8月19日)です。あと一ヶ月置いておいたらどうなるのか、経営者の方にはぜひ味わってみて欲しいところです。 このパックは黒ずんでいなくても黄身が崩れてでてくる率は30%くらいありました。 ラーメンに卵を入れるときは、必ず別の器で割ってみてからいれましょう。でないとラーメンが台無しになる可能性が30%です。

 

 


Raspberry pi でVPN拠点間接続

海外在住の人は同様かと思いますが、海外のインターネット接続では日本のradikoその他の一部サービスにアクセスできません。

また、フィリピンの私が使っているプロバイダ(PLDT)は、今年の3月にIPアドレスの割当がグローバルIPからプライベートIPに変わってしまいました。 これは、私が日本に帰省している間に、主たる作業場であるフィリピンのPCに外部から接続することの障害になります。

そこで、フィリピンの自宅内のすべてのPCやデバイスを日本の実家の回線にVPNで拠点間接続することにしました。

現在の構成は下図のようになっています。

この図の中の、無線LANルータを取り外し、Raspberry pi 3で作成したVPN ブリッジに置き換えます。 そうすると、VPNブリッジの配下に接続されているすべてのPCやスマートフォンは、日本の実家のルータに直接接続しているのと全く同じ状態になります。その結果、日本限定のサービスの利用や実家のひかり電話を海外で利用すること、日本と海外でのファイル共有、さらにプライベートIPアドレスが割り当てられている海外のネットワークに対して日本からWake On LAN させたり、VNCで接続して操作する、といったことが可能になります。

※フィリピンのPLDTのADSLはPPPoEの認証なしに、LANポートに接続したデバイスに直接IPアドレスが割り当てられますので、ルータを取り外して置き換えることが可能です。 そうでない環境では、現在のルータのLAN側ポートに刺さっているLANケーブルを全部抜き、今回作成するVPNブリッジのWAN側ポートをルータのLAN側ポートに、VPNブリッジのLAN側ポートをスイッチングハブに接続し、ルータから抜いたケーブルはスイッチングハブに接続すればOKです。

実際のものはこんな感じです。

Raspberry pi 3にUSB LANアダプタを接続します。 ルータで例えると、Raspberry pi にもともとついているLANアダプタがWAN側、追加したUSBのLANアダプタがLAN側になります。 このアダプタにはケーブルが一本しか刺せませんので、実際にはこの先に8ポートのスイッチングハブを接続し、すべてのPCやデバイスに接続できるようにしています。 また、Raspberry pi 3に最初から内蔵されているWIFIアダプタは、無線LANルータにWIFI接続するのと同じく、無線LANの機器を接続することが可能です。

以上が概略ですが、実際の作業手順は以下のようになります。

必要なもの

  • 自分のSoftEther VPNサーバー。(こちらをご購入いただくとすごく簡単です。)日本の実家などに設置してください。VPNサーバーの設置場所が親拠点というか、本店という位置づけになります。
  • Rasoberry pi 3 、ACアダプタ、マイクロSDカード8GB、電源ケーブルなど。
  • USB接続のLANアダプタ。Raspbianにドライバが入っていてすぐ動作するものが簡単です。 AX8872Bのものなら大丈夫そうでしたので、私はこちらを買いました。

作業手順

マイクロSDカードに Raspbian Jessie を書き込み、LANケーブルでルータに接続して起動します。

ルータのステータス画面で確認するか、netenum などのツールを使って Raspberry pi のIPアドレスを調べます。

TeratermなどでSSH接続します。

以下、ターミナルからの操作です。

SoftEther VPN Bridge をダウンロードします。

解凍します。

解凍されたファイルがあるフォルダ vpnbridge に移動します。

makeします。

すると、ライセンス許諾の説明が表示されますので、1、1、1で進めます。 終わったらフォルダを移動します。

移動したフォルダに入り、ファイルの権限を設定します。

自動起動スクリプトを作成します。

エディタが開きますので、下記を貼り付けてから CTRL+x, y, Enterキーで保存して閉じます。

作成したファイルに実行権限を与えます。

自動起動するように設定します。

ここで一度再起動してください。

 

続いて SoftEther VPNサーバー管理マネージャを使って設定を行います。

SoftEther VPNサーバー管理マネージャをWindowsのPCにダウンロードしてインストールします。

新しい接続設定をクリック
Raspberry piのIPアドレスを”ホスト名”欄に入力

 

接続ボタンをクリック
適当なパスワードを設定、たとえば password とか
拠点間接続に最初からチェックが入っているのでそのまま次へ
接続先のVPN Serverへの接続設定を行う
自分用のSoftEther VPNサーバーのアドレス、ポート番号を入力し、仮想ハブ名を選択。 ユーザー名とパスワードを入れてOKをクリック

 

正しく入力されていれば”オンライン”の表示になります
ローカルブリッジの設定欄をドロップダウンし、追加したUSBのネットワークアダプタ(eth1)を選択する

以上の手順で有線LANについては完成です。

Raspberry pi 3には内蔵の無線LAN機能がありますので、ついでに無線LANでも接続できるようにします。

再びSSHでRaspberry pi に接続します。

apt-get updateしてから hostapdをインストールします。

続いて hostapd の設定ファイルを作成します。

エディタが開いたら下記内容をコピーして貼り付け、CTRL+x, y, Enterキーで保存して閉じます。

最後の二行の ssid は好きなSSID名に、wpa_passphrase は無線LANで接続する際のパスワードですので適当なパスワード(8文字以上)に設定してください。

続いて hostapdが起動するときに上記の設定ファイルを読み込むように設定します。

エディタが開きますので、

という行を探し、

に書き換えます。

ここまで出来たら再度SoftEther VPNサーバー管理マネージャを使ってブリッジの設定を追加します。先ほどは eth1 をブリッジ接続しましたが、今度は wlan0を追加します。

ドロップダウンリストの一番下 wlan0 を選択します。

完成です。 ここで電源を急に切ると設定が消える場合がありますので、一度ちゃんとシャットダウンしてください。

出来上がりました。

ルータのWAN側がPPPoEでなくDHCPになっている場合はルータを取り外し、Raspberry piのWAN側(内蔵のLANポート)をモデムに、LAN側(追加したLANアダプタ)をハブに接続し、PCなどのデバイスはハブに接続してください。

ルータのWAN側がPPPoEになっている場合は、ルータのLAN側ケーブルを全部抜き、本機のWAN側だけをルータのLAN側に接続、本機LAN側からハブを経由してすべてのPCなどに接続します。

電源を入れて1分ほどでVPN接続が確立し、PCにはVPNサーバーが設置してある場所のルータからIPアドレスが割り振られます。PCを再起動するか、ネットワークアダプタを一度無効にしてから有効に戻してください。

実際に作成してすでに数日間使っていますが快調です。 停電やADSLのコネクションが切れるようなことがあっても、回復すれば自動的に再接続されますので安心です。


猫は一年で大人に

うちには猫がたくさんいます。 最初は三毛猫一匹だったのが、今は猫の大家族です。

2016年4月にアップルの一人っ子として生まれたあかちゃんが...

アップルとあかちゃん

(あかちゃんはその後大きくなったので、”ちゃんあか”に改名)

1年1ヶ月後に無事4匹の子猫の母親になりました。

2017年5月

ちゃんあかと子猫4匹

誰に教えられたわけでもないのにちゃんと一人で産んでちゃんと子育てしています。

子猫は歩けるようになると、誰も教えていないのに顔を洗っているし、用を足した場所がタイルであっても、砂をかける動作をします。

本能として遺伝子の中にプログラムされているんでしょうか。 只々、感心します。 猫に教えられることは多いです。


全国禁煙の大統領令にサイン

Nation wide smoking ban という大統領令にデュテルテさんがサインしたそうです。

これから60日後に施行されるようですが、喫煙者の自分にとっても関係がありそうなので各社の新聞の内容をまとめてみました。

NYTimes

  • 学校や公園など子供が集まるところから100m以内でのタバコ販売禁止
  • 地方自治体は上記とエスカレーター、階段、健康関連施設、飲食店から遠く離れた場所に喫煙場所を指定しなければならない
  • 一般市民に違反者の逮捕を呼びかけ
  • 違反者は4ヶ月以下の懲役+5000ペソの罰金

sunstar

  • すべての公共の場所、乗り物でタバコ禁止(飲食店、ホテルも含む)
  • 公園や教会の庭、病院、マーケット、リゾート地、歩道、出入り口の前も禁止
  • DSA(指定喫煙場所)は設置可能。 但しドアひとつを除き空気が漏れないこと、人が通る場所から10分以上離れていること

...ほかにもいろいろあるのですが、もうお腹いっぱいです。

問題が多い薬物取締と同様、市民が喫煙者に制裁を加えるようになったら、外でタバコを吸っていると射殺されるかもしれません。

喫煙所が人通りから10分離れた喫煙所って、10mの書き間違いならいいのですが、マニラ近郊では絶対不可能です。

タバコを吸うのは自分の家か、自分の車の中だけということになりそうですが、車の中でも外から見えると難癖つけられるかもしれませんので、手で隠してコッソリ吸わなければならないかも。

フィリピン在住の方、フィリピンに出張に来られる方々、空港や公共施設の周りでタバコを吸うと懲役4ヶ月+5000ペソ、もしくは射殺になるかもしれませんので十分気をつけましょう。

 


Anti Distracted Driving Law 施行

本日5月18日から、フィリピンでは Anti Distracted Driving Law が施行されます。 日本語に訳すと、対注意散漫運転法 でしょうか。

具体例として、携帯電話での通話、テキストメッセージを読み書き、カーナビなどの操作、テレビなどを見ることなどが禁止で、走行中だけでなく赤信号で停車中も反則です。交通の邪魔にならない場所に停車して使用すること、および緊急時の警察等への通話、ハンズフリー機能の使用はOKです。

その他、運転者の目線上の邪魔になる場所にスマホやドラレコを取り付けることも取締の対象になるようです。

反則金は1回目が5,000ペソ(11500円くらい)、2回目は10000ペソ、3回目は15000ペソ+3ヶ月免停、4回目は2万ペソ+免許取り消しだそうで、随分厳しいです。 違反がなくなって少しでも安全になればいいですが、悪徳警官やMMDAの隊員の私腹を肥やすタネにならなければいいのですが...

フィリピンで車を運転される方はご自身が注意することはもちろんのこと、自家用車にドライバーを雇っている方もオーナーの責任を問われますので注意するよう話をしておいたほうが良さそうです。

 

 


CVブーツ交換

車で遠出することがほとんどなく、年間2千キロくらいしか走りません。 そういうわけで先日1年ぶりのオイル交換をするために、車の下にもぐったところ、右側アウターのドライブシャフトブーツが完全に破れているのを発見してしまいました。

右アウター  ベアリングむき出し
左アウター 綺麗です

確か7,8年前にディーラーで交換し、その後1万5千キロくらいしか走行していないと思うので以外に短命でした。 かぎ裂き状になっているのでなにか当たったのかもしれません。

ディーラーまで行くのも遠いし部品も工賃も高いので、自分で部品を買って交換しようと思いましたが、最初の難関は34mmのアクスルナットを外すためのソケットが手にはいらないこと。 日本ならホームセンターにありそうですし、なくても通販で翌日には手にはいります。 こちらでは探すのに一苦労、しかも珍しいものは大抵日本より高いです。

ということで分割ブーツを探したのですが、ebayにはイギリスからの出品で多数のユニバーサル分割ブーツが2千円くらいで出ています。 でも発送が追跡番号なしとのこと、途中で絶対紛失しますのであきらめて、日本の実家で購入して転送してもらうことにしました。

日本製でいろいろなメーカーから分割ブーツが出ていますが、私の車 ボルボ S70 1999年式NA に対応するものはありません。

そこで、まずはブーツの大径、小径のサイズをさがしていましたところ、分割でない普通のブーツのものですが、こちらの文書を見つけました。

それによるとうちの車のは、小径26mm、大径85mm、長さ112mmで純正品番が47432441となっていました。

2001年以降の新型V70はどうなんだろ、と思って探してみると、なんと同じサイズで同じ部品番号でした。

ならば日本製で販売されているので合うのがあるか探しました所、こちらのお店のものは親切にサイズまで記載されていました。

こちらはスピージーのもので6240円、もっと安いのがないか、寸法が表示されているモノタロウさんのページと見比べました。

そしたら、こちらのニッサン車用が寸法が全く同じ、価格は税込み3930円とだいぶ安かったので即決しました。

ここまでの結論は、新旧ボルボS/V70のNAのアウターブーツはニッサン用のミヤコMタッチブーツ39241-8V125が使える、ということです。

で、4月23日(日)の午前中にEMSで発送してもらいました。

以前はEMSといえば家まで配達されず、空港近くの郵便局にわざわざ取りに行って長蛇の列に並んだあと、法外に高額な関税を支払わされるという非道いものだったんですが、昨年末から1万ペソ以下は非課税になったらしく(これまでは確か10ペソ以下は非課税)、今回はなんと3日で家まで届けてくれました。(でも通関検査の手数料112ペソは支払いましたが、以前だったら配達しない上に2000ペソとか言われたと思うのですごく改善しました。 汚職と怠慢にやたら厳しいデュテルテさん、ありがとう!あなたのおかげです!)

...でここまで書いたところで、交換してきました。

交換後

つなぎ目もまあまあピッタリ、バンドも専用工具いらずでほぼしっかり出来ました。 ジャッキスタンドをかけてタイヤを外し、頭を突っ込んで覗き込みながら30分程度の作業でした。

やっと安心して雨の日も出かけられます。


免許更新に行ってきました

誕生日が5月なので、ちょっと早めに本日運転免許更新にいってきました。

場所は Gotesco Ever内にあるLTO Driver’s License renewal center です。

古くからあるショッピングモールで、ここの3階に免許更新センターが入っています。 フィリピンでは陸運局(LTO)の事務所のほか、あちこちのショッピングモールに免許更新センターがあるので便利です。

前回3年前は午前中にいったらすごい人で、免許更新センターのドアの外まで人が溢れていましたので、今回は午後2時半ごろ行ってみました。(遅い時間にいくとほとんど人がいなくて空いているとのこと)

10人くらいいましたが、すべての手続完了まで25分くらいでしたので、日本の免許更新より簡単です。

Windows 1 で古い免許証を出したあと、健康診断の紙をくれるのでそれを持って歩いて5歩くらいのところにあるMedicalの小部屋にいくと、まず視力検査(機械に顎を乗せて覗き込むのと、遠くのディスプレイに表示された文字を読むの)をし、結果を歩いて1歩のところにいる医者に渡すとサインして完了です。 後ろを振り向くと会計の人がいるので、そこで380ペソを支払います。

レシートと結果を持ってWindows 1 に戻って提出し、10分くらい待っていると名前を呼ばれて生年月日を聞かれたあと、電子式の署名のスキャナみたいなのにサインをしてから写真撮影をします。 その後10分くらいでCasherで名前を呼ばれ、652.63ペソを支払ってレシートをもらって終了です。

本来は即日交付なので新しい免許証がもらえるのですが、免許証用のプラスチックのカード業者の製造が間に合わず、来月になったらカードの在庫が入ったかどうかSMSで問い合わせて、と電話番号を教えてくれました。 LTOはいつもそうで、ナンバープレートも足りなくて交付できないのが日常です。 競争入札で業者を決めているのに、なぜかほかよりも高い業者を選択し、その業者がまともに納品出来ないのです。 どうしてかというと...想像するとすぐわかると思います。

良いことは、今回から免許の期限が5年になりましたので、2022年の誕生日までとレシートに記載がありました。


ラジオサーバーVPS版のサービスを開始しました

先日の記事で予告いたしました、ラジオサーバーVPS版のサービスを開始いたしました。

これまでのラジオサーバーハードウエア版、シェアウエア版の機能を、月々払いのレンタルで気軽にご利用いただけるようになりました。

サーバーはお客様個人専用で、VPNサーバー機能もついていますので、ラジオの聴取に限らず日本国内でないと利用できないいろいろなウェブサイトも開けるようになります。

2017/4/24追記:当初VPNサーバーはPPTPのみでしたが、L2TP/IPsecも使えるようにしました。

詳細はこちらのページにございますので、海外在住の方はぜひご検討ください。


ラジオサーバーのレンタルを開始します

ご好評いただいております製品の ラジオサーバー の月払いレンタルを開始予定です。

ラジオサーバーは、日本に設置したラジオサーバーに外出先や海外からパソコン、スマホで接続し、radiko、radikoプレミアム、らじる★らじるのライブ聴取とタイマー録音が可能な製品で、これまでのラジオサーバーはハードウエア製品をご購入いただき、日本国内のご実家などに設置していただく必要がありました。

今回のレンタル版は、東京エリアの さくらのVPS(Virtual Private Server)上に現行ラジオサーバーのプログラムを移植したもので、ご契約いただいた方専用のサーバーをご用意する形となります。

お申込みから一週間程度の無料試用期間、初月は さくらのVPS契約の初期費用が加算されますので2千円程度、以降は月1200円程度で、契約縛り期間はなくいつでもご解約できるよう考えております。

おまけでPPTPのVPNサーバー機能も設定する予定ですので、海外のPCからradikoプレミアムの契約を行うことや、国内限定の動画サイトなどもご利用可能となります。 VPNサーバーだけのレンタルをご契約いただくより、自分専用のVPNサーバーをお持ちいただける点で安心感は高いかと思います。

サービス開始時は本店ページ( http://www.starstonesoft.com )ならびにこのブログで再度お知らせいたしますのでぜひご検討ください。